日本初、「ALIENWARE」ブランドの旗艦店を秋葉原にオープン。内覧会では、テープカットも行われた

写真拡大

 デルは、国内初となるゲーミングPCブランド「ALIENWARE」の旗艦店、「ALIENWARE STORE AKIBA」を東京・秋葉原に、12月10日にオープンする。

 ALIENWAREブランドは、今年で20周年を迎える。開店に先駆けて開催した内覧会で、ALIENWAREの柳澤真吾マーケティングマネージャーは、「ALIENWAREの理念を体感していただき、ゲーマーの持つゲームへの情熱を発信し、さらにはユーザーの想いを我々がきくことができる、ゲーマーとパートナーのための場所」と店舗の位置づけを語った。

 試遊展示機は「ALIENWARE15/17」「Aurora」「Area-51」の予定。「ALIENWARE」のPCを使ったVR体験スペースや、イベントやゲームを配信できるモニタを設置したスペースも用意する。展示だけではなく、専任スタッフによるアドバイスを受けながら製品も購入できる。

 VR・ARなどの新たなテクノロジーが登場し、盛り上がっているPCゲーム。デルは、従来の「DELL Real Site秋葉原駅前店」を「ALIENWARE」に特化した専門店にリニューアルし、さらなる活性化をめざす構えだ。

 住所は、東京都千代田区外神田1-14-7 秋葉原野村ビル2階 第201号室。アクセスは、JR秋葉原駅の電気街口から出てすぐ。営業時間は11時から21時まで。オープン初日の12月10日には14時からプロゲーマーを招いてオープニングイベントを行い、「ニコニコ生放送」や「Twitch」でライブ中継する。