古典文学を“嘘”で紹介?「さわや書店」の販促企画がおもしろいIRORIO

話題の「文庫X」はノンフィクション作品 タイトルが明らかに

ざっくり言うと

  • タイトルや著者名を隠して売られた「文庫X」のタイトルが明らかになった
  • 企画した盛岡市の書店が、タイトルを「殺人犯はそこにいる」と発表
  • 中身が分からない販売手法が評判となり、異例の売れ行きを見せていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング