防弾少年団、米ビルボード年間チャート4つの部門でランクイン“韓国アーティスト史上最高”

写真拡大

防弾少年団が米ビルボード年間チャートで4つの部門に名を連ねた。

ビルボードが8日(現地時刻) 発表した「2016年年末決算チャート(Year End 2016)」によると、防弾少年団は“ワールドアルバムアーティスト”チャート5位に名を連ね、韓国歌手としては歴代最高のランクインを達成した。

また、防弾少年団は“ワールドアルバム”チャートで、10月に発売した2ndフルアルバム「WINGS」で6位、昨年発売した「花様年華 pt.2」で9位を記録し、K-POPアルバムのうち最高ランクはもちろん、TOP10の中に2枚のアルバムをランクインさせる底力を見せつけた。

また、韓国の歌手としては唯一“Twitterトップトラック”チャートで「FIRE」が26位、「Save ME」が36位、“ソーシャル50アーティスト”チャートで34位を獲得し、防弾少年団の世界的な人気と影響力をもう一度証明した。

防弾少年団は10月に2ndアルバム「WINGS」を発売し、韓国歌手としては史上初の3連続「ビルボード200」チャート入りと「ビルボード200」26位という韓国アーティスト最高のランクインを記録した。

防弾少年団は最近「2016 MAMA」で今年の歌手賞、「2016 MelOn Music Awards」で今年のアルバム賞など、相次いで大賞を席巻し、名実共に売れっ子アイドルとしての地位を固めた。