彼氏いない期間は、自分磨きで時間をフル活用! 仕事に習い事に女子会に……と、そんな前向きなライフスタイルの中に、じつは非モテ習慣があるんです。今回は、彼氏がいない期間の過ごし方と、次の彼氏を見つけるためのモテポイントを紹介します。

1.スケジュールを埋めすぎる女子はモテない



ヨガのレッスンや美容院、エステや女子会に一人旅……自分磨きとか付き合いで削れない予定を入れていくと、仕事帰りやオフの日がついついパンパンになっていませんか? 予定をスケジュール帳にうまく詰め込んでこなしていくのって、時間をムダにしていない感じがして達成感がありますよね。

モテるチャンスを逃している!?


でも彼氏が欲しい・モテたい場合。考えてみたいのは、もし急に誰かから誘われたとき「この日はOKだよ」と言えるスキマが今どれくらいあるか、ということ。ちょっといいなと思う男子と知り合えたとき、友達から出会いがありそうなイベントに誘ってもらったとき、急に職場や学校の飲み会ができたとき。一カ月先にしかヒマな日がない女子は、明らかにチャンスを遠ざけてしまうのです。

改善ポイント:予定としてヒマな日を作る


ヒマな日はあえて作らなければなかなかできません。まずは、月に2〜3日でも「予定」としてヒマな日を作りましょう。当日はあえてゆっくり過ごしてみると、後回しにしていた部屋や寝具の手入れが片付いたり、時間をとって自炊して料理のレパートリーが増えたり……と、自然体で自分と向き合う時間が取れてオススメです。

2.DIYなオーラ全開すぎる女子はモテない



「家事だけでなく、ちょっとした木工や力仕事、機械・パソコン関係も自分でなんとかします!」……これって正直、一人暮らしの女子なら生きていくのに必要なスキルですよね。PCがフリーズしてもワインのコルクが割れちゃっても、誰も助けてはくれない訳ですから。

一人でもできる子と思われてしまう原因に


でもやはりモテたい場合。もちろんちょっとした気配りや家事っぽい作業をさらっとこなすのは、男子がグッとくるポイントなので積極的に見せてOK。一方、力仕事や機械・パソコンをいじるような作業って、人前でガンガンやりすぎると「この子にはオレの助けは必要ないんだな」と思われてしまう原因に! モテのチャンスを失いかねません。

改善ポイント:手を出さずにちょっと待つ


男子が得意そうなタスクが目の前にあるとき、ちょっとだけ手を出さずに待ってみましょう。間を作ると、男子は勝手に「女の子には難しいよね、やってあげようかな」と思って手伝ってくれることが少なくありません。あるいは、控えめにお願いしてみてもOK。これで「守ってあげなきゃ」ポジションへの第一歩です。お礼をきちんと伝えるのを忘れずに!

3.物知りキャラな女子はモテない



勉強や仕事に対するモチベーションが高く、いろんなことをたくさん知ってるのって、その分野で頑張っていく上でとっても必要なこと。テレビやネットのニュースに敏感なのも、この時代を生き抜くのに大事なことです。物知りさんは、周りの人が困ったときに知識をもとにアドバイスできることが多いですよね。人と接点を作りやすいタイプですし、話題の中心になれることもあると思います。

頼れる“友達”という関係で終わってしまう


しかし、モテたい場合。「デキる」だけだとやはり男子からは「一人で生きていけそう」と思われてしまいがちです。学校や職場で頑張って輝いていても、気になる男子にとって友達に終わってしまうって、さみしいですよね。

改善ポイント:弱点を作る


デキる女子にも弱点ってあるはず! それを人にちょっとずつ見せていきましょう。笑って振り返れるようなミスやいつも緊張しちゃう苦手な対応など、気になる男子に狙い撃ちで話してみましょう。ハードルが高いときは、他の人に話してじわじわ広める方法も。もともとデキるキャラな人ほど、大きいギャップをモテの武器にできるはず。

ちょっとした改善ポイントを加えるだけで、頑張っている自分磨きが空回りしなくなりますよ! ポテンシャルをモテに直結させるべく、ぜひ取り入れてみてください!
(由井妙)