北朝鮮赤十字会中央委員会のスポークスマンは8日、米下院が韓国系米国人を北朝鮮にいる離散家族・親せきと面会させるよう北側当局に求める決議を採択したことについて「茶番劇」であると非難した。朝鮮中央通信の質問に答えた。

スポークスマンは、「米国は朝鮮民族を分裂させて離散家族・親せき問題を生じさせた主な張本人」であり、「われわれに対する制裁と圧殺を執ように追求して海外同胞の祖国訪問の道を引き続き遮断してきた」と指摘。

今回の決議は「反共和国人権謀略騒動の口実」であるなどと主張している。

その一方、スポークスマンは離散家族問題に今後どのように取り組むかについては明らかにしなかった。