成宮寛貴が芸能界引退を発表 井上公造氏がその胸中を推測

写真拡大

9日、俳優の成宮寛貴が芸能界を引退することがわかった。成宮は先週、写真週刊誌に違法薬物使用疑惑が報じられたが、所属事務所は「記事は事実無根。断固として抗議し、あらゆる法的措置をとって参る所存です」と報道を完全否定していた。また9日には、成宮が薬物検査の尿鑑定を実施し、陰性と判定されたと所属事務所が明かしていた。

成宮は直筆のファックスを発表。その中では「心から信頼していた友人に裏切られ複数の人達が仕掛けた罠に落ちてしまいました」「今後芸能界の表舞台に立つ仕事を続けていき関係者や身内にこれ以上の迷惑を掛ける訳にはいかない」などと引退に至った胸中を綴っている。

成宮の直筆ファックスは各メディアで紹介された。「Nスタ」(TBS系)では速報としてファックス全文が読み上げられた。成宮の突然の引退について、キャスターの堀尾正明氏は残念そうに「本当に身が潔白ならば、とことん戦ってそれを証明してほしかったと思います」と語っていた。

「キャスト」(ABCテレビ)も全文を紹介。コメントを求められた芸能リポーターの井上公造氏はファックスの「信頼していた友人に裏切られ」の箇所に着目し、「そのショックは相当大きかったよう」と指摘した。

また記事で証言している「友人」とされる男性について、井上氏は「家の中に入れるほどの知人。芸能人が家の中に入れるって相当ハードルが高い」と、成宮とかなり親しい存在だったと分析。一方、その証言者が成宮に違法薬物を買いに行かされた、と証言していることに不可解な点があると指摘する。「謎はいっぱい残っているんですが、それも含めて彼(成宮)は耐えられなかったんだと思います」と、成宮が引退に至った胸中を推測していた。