クオリティ高すぎ!セブン新作ななチキ 7つのこだわりは本当だった?

写真拡大

ファミリーマートの「ファミマプレミアムチキン」、ローソンの「黄金チキン(骨付き)」と、コンビニ各社が骨付きの本格的なフライドチキンのホットスナックを売り出すなか、セブン‐イレブンも2016年11月26日より、骨付きフライドチキン「ななチキ」が発売され話題に。

「ファミマプレミアムチキン」が税込198円、「黄金チキン」が税込190円と、他社に比べて約100円高い税込298円という価格設定ですが、なんでそんなに高いの? その秘密はどうやら「ななチキ」という名前に隠されていそうです。

「ななチキ」の「なな」は「7つのこだわり」があるから

セブン‐イレブンのニュースリリースによると、“なな“は7つのこだわりの”なな“だそう。1つの商品に7つもこだわりが詰まっているから、お値段も少しお高めということかもしれません。そうなると7つのこだわりがどういうものなのか、気になりますよね。一つひとつ見ていくと…。

1)11種類の厳選スパイスを使用し、程よい辛味と香りのバランスが良いマイルドな味に仕上げました。

2)肉と衣の両方の旨みをお楽しみいただけるように、厳選されたスパイスで3段階に分けて調味しています。

3)下味に旨みを凝縮した「藻塩」を使用しています。

4)鶏肉は調味前にもひと手間加え、身のほぐれ感を向上しました。

5)じっくりと加熱することで、ふっくらジューシーな食感に仕上げました。

6)フライでこんがりとしたきつね色に仕上げました。

7)衣を薄く仕上げ、カラッとした食感に仕上げました。

 

と、ななチキを作る最初の工程から、ななチキを揚げる最後の工程までしっかりこだわっていることが伝わってきます。

何も知らない人に「7つのこだわり」は伝わってくるのか?

しかし、なにもななチキの情報を知らない人が、実際にななチキを食べたら、どんな感想を持つのでしょうか。7つのこだわりはうまく伝わるのか少し疑問。

実は筆者、ななチキについて詳しく調べる前に、下調べとして1回ななチキを食べて、メモ帳に感想を残していたのです。この感想と、「7つのこだわり」を比べれば、実際にこだわりが伝わるかわかるはず! 感想は以下の通りです。

・衣がカリカリですごく香ばしい

・何種類かのスパイスの香りと味がして食欲をそそる

・スパイシーではあるが、決してからいわけではない

・鶏肉の厚さと旨味がとても印象的。食べごたえ十分

・身がとても柔らかくてプリッとしている感じがする

・鶏肉の脂に旨みと甘みを感じる

・ボリュームはあるが、くどくない

「7つのこだわり」と比べてみると…衣の色や下味に藻塩を使っていることはさすがにわかりませんでしたが、旨味は十分伝わっていることがわかります。

ということは、7つのこだわりがほぼパーフェクトに伝わったということ。セブン‐イレブンのななチキは、まさに恐るべきクオリティの商品だと身をもって実感しました。

「ななチキ」の価格は税込298円。コンビニのホットスナックとしては、ややお高めな価格設定ですが、筆者が体感したクオリティの高さを考えたら、お値段以上の価値はあるかもしれません。

また、2016年12月20日(火)から12月25日(日)までの期間限定で、クリスマスチキンセールとして20円お安い価格、278円(税込)で買うことができます。この機会にぜひ一度ご賞味ください!

(文・山本健太郎/考務店)