新コンセプトの「エディオン蔦屋家電」 店舗(施設)イメージ

写真拡大

 エディオンは12月9日、広島市に「エディオン蔦屋家電」を2017年4月にオープンすると発表した。

 「エディオン蔦屋家電」は、JR広島駅の南口から徒歩1分の広島駅南口Cブロック市街地再開発事業で建設された大規模複合施設「EKICITY HIROSHIMA」の商業棟1階から3階に出店。

 「居心地の良い時間を楽しむ 新しい発見に出会える家電店」をコンセプトに、新たに本・文具・カフェなどと融合した新型店舗となる。

 「EKICITY HIROSHIMA」は、商業棟と住宅棟の2棟で構成。商業棟は地下1階、地上11階(高さ約47m)で、1〜4階が商業・医療施設、5階以上が賃貸・分譲マンションとなる住宅棟は地下1階、地上46階(高さ約166m)。2016年12月末に竣工予定。

 広島駅南口エリアは再開発が進んでおり、8月末に竣工した広島駅南口Cブロックエリアに建設された「BIG FRONTひろしま」の西棟の地下2階〜地上3階にはビックカメラが8年ぶりに新規出店し、すでに9月14日にオープンしている。