日曜オリジナルドラマ「連続ドラマW 楽園」が、'17年1月8日(日)にスタートする/(C)WOWOW

写真拡大

'17年1月8日(日)より、WOWOWプライムにて放送が始まる仲間由紀恵主演の日曜オリジナルドラマ「連続ドラマW 楽園」(毎週日曜夜10:00-11:00)。本作は宮部みゆき原作のヒューマンミステリーで、宮部の代表作「模倣犯」の9年後の物語が描かれる。

【写真を見る】仲間由紀恵は「模倣犯事件」のトラウマを抱えながらも新たな難事件に立ち向かっていく、女性ライターを演じる/(C)WOWOW

仲間が演じるのは、女性ライターの前畑滋子。「模倣犯事件」のトラウマを抱えながらも新たな難事件に立ち向かっていく役どころで、11月末に公開された最新プロモーション動画でも、本作の重厚感がうかがえる。

また、全国2000店舗の書店では、ドラマのスタートを前に関連キャンペーンが展開されている。今回、“全幅帯”仕様の文庫本販売が実現。表紙に仲間のポスター写真が使われていて、これは宮部作品としては初の試みだ。

なお、WOWOWシネマでは同ドラマの放送を記念し、仲間と宮部それぞれの関連作品を特集する。宮部の原作映画からは、「楽園」の前身となる中居正広主演の映画「模倣犯」、そして“校内裁判”という異色の題材をテーマにした映画「ソロモンの偽証 前篇・事件」と「ソロモンの偽証 後篇・裁判」の3本。

仲間の出演作からは、狂言誘拐の行方を描いた映画「g@me.」と、テレビシリーズの集大成として大きな話題を呼んだ映画「大奥(2006)」の2本が放送される。