イ・ジョンジェ主演映画「大逆転」来年1月の韓国公開が確定

写真拡大

俳優イ・ジョンジェ主演の映画「大逆転」(監督:イ・ジュン)が、2017年1月の韓国公開を確定した。

「大逆転」は、中国と韓国のアジアンカップ決勝戦当日、スポーツギャンブラーのクァク・ジダが中国チームのストライカーであるリ・ウィエの妻を誘拐し、得点しなければ妻を殺すと脅迫、これを解決するために韓国の警察が投入され繰り広げられるアクション映画である。

「10人の泥棒たち」「新しき世界」「観相師」「暗殺」など様々な作品で印象深い演技を披露したイ・ジョンジェと「スターゴールデンベル」で認知度を高め、さまざまな映画と放送に出演したイ・チェヨンなどの韓国俳優たちが出演し、注目を受けている。

その上、複数のドラマで認知度を高め、2015年の「ソウルドラマアワード」でアジアスター大賞を受賞した中国俳優のウォレス・チョン(鐘漢良)、今年5月に韓国で公開した「Mountain Cry」の主演女優ラン・ユエティンが出演するなど、中国と韓国の俳優たちが共演する。

韓国での公開とともに公開された「大逆転」のメインポスターは、銃を持っているイ・ジョンジェの悲壮な眼差しが視線を引きつける。ここにイ・ジョンジェの後ろの地図が燃えているような様子と、燃える紙の後ろに見える都市の姿などが大規模な爆弾テロを予告している。

「大惨事を防ぐための熾烈な頭脳ゲーム」というコピーは、爆弾テロ犯でスポーツギャンブラーのクァク・ジダと、彼から情報を引き出すために孤軍奮闘する韓国警察カン・スンジュンチーム長の頭脳ゲームを予告している。