2016年12月9日、お台場にある国際交流館で2016-2017日本カー・オブ・ザ・イヤー最終選考発表会&表彰式が開催されました。全35台のノミネートの中から、自動車評論家、ジャーナリスト、有識者からなる59名の選考委員によって10ベストカーが選ばれ、その中から第37回目となる2016-2017日本カー・オブ・ザ・イヤーのイヤーカーおよび部門賞、特別賞が決定します。

1

注目のイヤーカーはスバルインプレッサスポーツ/G4とトヨタプリウスが大激戦を繰り広げた末、420点を獲得したスバルインプレッサスポーツ/G4が、371点のプリウスを抑えて、見事2016-2017日本カー・オブ・ザ・イヤーのイヤーカーを受賞しました。

国産車がイヤーカーに輝いたので、最高得点を獲得した輸入車にはインポート・カーオブ・ザ・イヤーが与えられるのですが、こちらは国産車以上に激戦が繰り広げられアウディA4シリーズが149点、ボルボXC90が145点のわずか4点差で獲得しました。

続いて部門賞ですが、環境・安全その他の革新技術をもつクルマが選ばれるイノベーション部門では、先進の運転支援技術、プロパイロットを搭載した日産セレナが受賞。そして秀でたデザイン、ドライブフィールなどをもつクルマが選ばれるエモーショナル部門ではBMW M2クーペ。軽自動車や超小型モビリティを選ぶスモールモビリティ部門賞はダイハツムーヴキャンバスがそれぞれ受賞しました。

そして実行委員特別賞は復活したホンダNSXとなりました。今回、スバルインプレッサやトヨタプリウスなど多くのクルマは新しいプラットフォームを搭載したモデルだったことを考えると、今年のキーワードは新プラットフォームだったのかもしれません。

(萩原文博)

 

日本カー・オブ・ザ・イヤー、スバルインプレッサスポーツ/G4に決定!(http://clicccar.com/2016/12/09/424871/)