ロシアは「西」との軋轢から、「東」へのシフトを強めている

写真拡大

■西側との関係悪化でアジア重視にシフト

「北方領土問題」は日本とロシアの間で、半世紀以上にわたり未解決のままです。しかし、ここにきて第四代ロシア連邦大統領ウラジーミル・プーチンが、大きく踏み込んだ発言をしたことが話題を集めました。2014年5月にロシアのサンクトペテルブルクで開催された国際経済フォーラムにて、プーチンが「歯舞、色丹の二島だけでなく、国後島、択捉島を含む四島が交渉の対象である」と発言したのです。

これまでロシアは、北方領土は第二次世界大戦の結果得た領土であり、この問題は「決着済み」という立場でした。ところがプーチンは、12年3月に大統領に再選される頃から「日本との領土交渉を引き分けで決着する用意がある」というメッセージを発信しています。また興味深いことに「北方領土はロシアの固有の領土だ」とは一度も発言していないのです。

こうしたロシアの変化を考える際に重要なのが「クリミア問題」です。

13年、ロシアの西側に隣接するウクライナで紛争が起こり、「マイダン革命」の結果、反ロシア派の新政府が誕生しました。これに対抗してロシアは住民投票を実施し、ウクライナ領クリミアをロシアに編入してしまいます。欧米諸国は編入に反対し、ロシアをG8(主要国首脳会議)から追放し、経済制裁を行いました。

西側と折り合いが悪くなったロシアは、日本を含む「東方」に活路を探しています。国際経済におけるプーチンは、「ロシア・エネルギー株式会社の会長」といえます。ロシアにはエネルギー以外にめぼしい産業がありません。アメリカを中心に起きた「シェールガス革命」はヨーロッパにも広がる可能性が高く、さらに西側との関係悪化により欧州市場にはもう頼れない。そこで新たな買い手として浮上したのが、3.11以降、エネルギー不足に悩む日本などのアジアというわけです。

もう一つ、プーチンの日本重視の根拠として北極海航路の存在があります。現在、ユーラシア大陸の東西を結ぶ主要な航路は、マラッカ海峡から紅海を抜けてスエズ運河を通る南回りのルートで、中東の不安定さもあり効率的とは言えません。そこで北回りの航路に期待が寄せられています。この入り口にあるのが北方領土を含む千島列島なのです。このルートの安定は、ロシアのアジアへのエネルギー輸出にとって非常に重要だといえます。

■プーチンの「禁酒」はなにを意味するのか

振り返れば、こうした日本とロシアの邂逅は、これまでも一世紀単位で繰り返されてきました。そして、日ロ領土問題の大きな転機には、必ず「クリミア」が関わっているのです。

1853〜56年にかけて英仏らとのクリミア戦争で敗北したロシアは、中国や日本といった「東方」への関心を示しました。そのなかで日本はロシアと領土交渉を成功させ、1855年に日露和親条約を締結。次いで1945年、クリミア半島のヤルタで米・英・ソ首脳が会談を行い(ヤルタ会談)、第二次世界大戦の終戦後、日本は南樺太をソ連に返還し、千島列島をソ連に引き渡すべきと決定しました。これが北方領土問題の始まりです。そして3度目の転機が、14年の「クリミア編入」です。西への活路が断たれたロシアは、再びシベリアや日本といった東方への関心を強めています。

このようなプーチン率いる現代ロシアのシフトチェンジを、私は「脱欧入亜」と呼んでいます。ロシアは「アジアの国」になろうとしているのです。

歴史的にロシアは、「ヨーロッパの周辺大国である」という強い自意識がありました。例えば元大統領メドベージェフなどの伝統的なエリートは、総じてヨーロッパ志向です。一方、プーチンはアジア志向です。プーチンはロシア正教の保守的な宗派を信仰しているとみられています。私は何度か会食を共にしたことがありますが、彼は酒もタバコも一切口にしません。その思想は厳格主義であり、現代の「保守ロシア」を代表するものです。プーチンが東を目指すのは、ロシア正教の東方信仰の影響(※)もあると考えられます。

■領土返還の対価は「金融」と「科学技術」

それでは、ロシアは北方領土返還の対価として、日本に何を求めるのでしょうか。それは恐らく「金融」と「科学技術」です。この2つが提供できる国としてはアメリカやドイツが挙げられますが、現在の関係性から考えると難しい。日本しか選択肢はないのです。

プーチンは安倍晋三首相にかなりの信頼を置いています。両者には歴史的関係もあるからです。安倍首相の父・安倍晋太郎は外務大臣として、ソ連との10年ぶりとなる交渉再開を成し遂げ、91年にはミハイル・ゴルバチョフ大統領の来日を実現させた実績があります。また祖父の岸信介は、56年の日ソ共同宣言を締結した鳩山一郎政権で、自民党幹事長を務めています。

ただし日ロ関係では、中国の動きにも注意が必要です。ロシアと中国は戦略的パートナーであり、現状では日ロより日中のほうが親密です。中国は日ロの接近を警戒しており、14年には中国首脳が「北方領土をロシア領と認める代わりに、尖閣諸島を中国領と認めてほしい」と提案しています。毛沢東政権での中国は、中ソ対立の影響で「北方領土は日本領」としていました。この提案をプーチンは「北方領土は日ロの二国間の問題」と断っています。

ロシアはパートナーである中国の台頭を警戒しています。いまロシアが恐れているのは、シベリアや極東のエネルギー資源を中国に取られることです。特にプーチンは、東シベリアのエネルギー利権を中国に独占されることに危機感を抱いています。

また、中国を警戒しているのはアメリカも同じです。そこで日本に期待されるのは、中国の巨大化を避けるための、カウンターとしての役割です。立場上、日本は対ロ制裁に協力していますが、日ロ関係が緊密になることは、世界のパワーバランスを考えるうえで悪くないはず。ゆえにアメリカも、支持はしないまでも理解はできる、というスタンスを取ると予想されます。

ロシアからのボールはすでに投げられています。歩み寄る姿勢を見せるプーチンと日本は、これからどのような関係を築くのか。長年停滞したままの北方領土問題が解決に向けて動き出すとすれば、いましかありません。

※モスクワ大学のアレクサンドル・ドゥーギン教授は、プーチン氏の思想的背景に、ロシア正教の分派「古儀式派」があると指摘している。古儀式派は、一部が日本に移住するなど東方への憧れが非常に強い。

----------

法政大学 法学部国際政治学科 教授 下斗米伸夫(しもとまい・のぶお)
1948年生まれ。東京大学大学院法学政治学研究科修了。博士(法学)。著書に『アジア冷戦史』(中公新書)、『プーチンはアジアをめざす』(NHK出版新書)など。
 

----------

(法政大学 法学部国際政治学科 教授 下斗米伸夫 構成=辻本 力)