敗北宣言をするヒラリー・クリントン氏(写真=代表撮影/UPI/アフロ)

写真拡大

クリントン優勢の予想が覆った米国大統領選。事後分析では「潜在的なトランプ支持者は女性」と判明した。トランプに票を投じた女性の中には、「トランプがいい」わけではなく、「ヒラリーを大統領にするくらいなら」と考える女性たちが多かったという。彼女たちがヒラリーを嫌い、憎むのはなぜなのか?

■「トランプ勝利」、そしてデータは死んだ

「それを『想定外』と呼んだ全ての人の敗北」――日経ビジネスオンライン編集長・池田 信太朗氏は、トランプ米大統領誕生の翌日に印象的なことばを記している。一方まさにその「想定外」にあたる「誰も予想していなかった」という言葉を選挙戦翌朝の社説で絞り出すようにし、微塵も想像しなかった結果を前に呆然としていたのは、ニューヨーク・タイムズだ。

大統領選を前にしてクリントン支持を宣言していた左派紙代表格のニューヨーク・タイムズは、クリントン勝利の確率を83%と予測していた投票日夕方からほんの数時間後、オセロの石がみるみる裏返っていく勢いに激しく動揺しながら「トランプ当確」を報じた。

クリントン優勢やクリントン勝利への確信度が高かったメディアほど、現実の結果にも、読み違った自分たち自身にも衝撃を受け、「自分たちマスコミがすでにエスタブリッシュメントであり、米国民の反感の対象だった」「(クリントンがきっと勝利するだろう、するべきだとの)自分たちの希望を垂れ流した」という反省が生まれた。

共和党の戦略担当者までもが、クリントン勝利と予想していた自らの分析を振り返って「データは今夜、死んだ」との言葉を残している。

■潜伏的なトランプ支持者は、女だった

大統領選前、高級紙や3大ネットワーク、CNNなどの報道各社は、「トランプ支持者は教育程度の低い労働者である」と断じていた。だが事後分析によれば、実はマスコミが把握していた以上にトランプ支持者は潜在していた。そして「選挙戦前にはトランプ支持を公表していなかったが、実はトランプに票を投じた」投票者像の中でも特徴的なのは、「家庭の良き妻、良き母」である普通の女たちであり、ヒラリー・ロダム・クリントンが以前宣言した「私はクッキーを家で焼くような女ではない」との言葉をもじって「クッキーを家で焼く」女たちだったと言われている。

もともと、トランプもヒラリーも共に強烈な社会的憎悪を受けた候補者同士だった。ここまで候補者がともに嫌悪され、アンチに蔑みの言葉を投げつけられながら選挙へもつれ込んだ例も珍しいほどだ。そういった意味で、この大統領選は「消極的選択の選挙」と呼ばれた。どっちも嫌だが、どっちがよりマシかで判断する――熱狂的なトランプ支持者ではないがトランプに票を投じた人々の動機とはつまり、「ヒラリーを大統領にするくらいなら、トランプの方がマシ」との考えだ。トランプが得た票のいくばくかは「トランプ票」ではなく「アンチ・ヒラリー票」なのである。

■アンチ・ヒラリー票を投じた女たちのミソジニー(女性嫌悪)

「ヒラリーを大統領にするくらいなら」。そう考える女たちがヒラリーを嫌い、あるいは憎むのはなぜなのか。「女」という同類項が、なぜ機能しないのか。ここに表出した女の中の分断の原因を、女たち自身の中に巣食うミソジニー(女性嫌悪)だと指摘する人は多い。では、権力志向や上昇志向の強い、非保守的な「ヒラリー型」の女に対して、同じ女が抱く嫌悪感の中身は、一体なんだろう。

それは、同じ女としての条件差が生み出す格差への反感である。そして私は、その反感の濃淡はどこかその女性自身の恐怖や抑圧の度合いで測れるような気もしている。女が権力や影響力を手にし、「しゃしゃり出る」ことへの恐怖や抑圧が強い女性ほど、それに急いでフタをするようにして激しくヒラリー嫌悪の言葉を吐くのではないか。

人間は、自分と異なる他者を目にした時、その「不愉快な差異」に理由をつけて納得しようとする。「○○人だから」「年寄りだから」「男/女だから」と、人種や年代、性別のせいにして、「不愉快」の葛藤を内省するストレスから逃避し、差別という安易な出口で決着をつけようとする。ところが「女だから」という差別が、自分も女であるがゆえに機能しないとき、それは拭いがたい嫌悪として生まれ変わるのだ。

特に、不満を抱いている者、傷ついている者、被害者意識に囚われている者たちは、本人が自覚的であるか否かによらず、攻撃的な嫌悪の感情で身を守る。そう、他の誰にも知らせずそっとアンチ・ヒラリー票を投じた「普通の女」たちは、攻撃的とまではいかないにせよ、ヒラリー嫌悪を表明することで「自分たちの生き方の選択」を守ったのではなかろうか。

トランプの言う「偉大なアメリカ」が取り戻されることで、彼女たちは自尊心を保てるのかもしれない。「自分の生き方は間違っていなかった」「自分の人生は無駄ではなかった」と。「飛ばない」という意味で使われる「保守」の本質とは、そこである。

(河崎 環=文 代表撮影/UPI/アフロ=写真)