サッカーの技術要素の1つであるリフティングを駆使して、魅せるパフォーマンスを行う「フリースタイルフットボール」。

今年行われた世界大会で日本代表のKo-sukeが準優勝を果たすなど、日本でも競技熱が向上しているフリースタイルフットボールですが、その世界で一風変わった神業を披露する“フットボールアーティスト”が現在SNS上で話題となっています。

彼の名はJames J。動画配信だけでなく、パフォーマンスやメディア出演も行うなど、幅広く活躍している18歳の現役高校生です。公園や街中といった日常空間で撮影した動画が反響を呼び、若年層を中心に大きな支持を得ています。

競技性ではなく、エンターテインメント性に特化したJames Jの独特な世界。ボール1つで人々を魅了するハーフの活躍に、ぜひ注目して下さい。