写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日商エレクトロニクスは12月9日、New Relicと販売代理店契約を締結し、クラウド型Webアプリケーション監視・分析プラットフォーム「New Relic」の提供を開始する。

昨今、クラウド環境をベースに運用されるクラウド型Webアプリケーションが増え、欧米では、サービスの安定性、信頼性向上のための方法を開発する「Site Reliability Engineering(SRE)」という考え方がIT運用の主流となっているという。

New Relicは、SREのために開発したWebアプリケーション監視・分析プラットフォーム。小さな単位での短期、連続的なシステム開発と即時配備を実現するなど、インフラ構成がダイナミックに変化する環境でも対応できる。

また、導入が進むコンテナやマイクロサービスの監視・分析に最適化されており、サーバサイドだけでなく、ブラウザーやモバイルネイティブアプリケーションといったクライアントサイドまで一元的に管理可能。

利用方法は、監視対象となるシステム(OSやアプリケーション)にエージェントをインストールするだけで利用できるため、従来の監視ツールのような監視設定がなく、負担なく運用できる。クラウドサービスのため、監視システム自体の構築・運用が必要ない。

同社では、初年度2000万円の販売目標額を目指している。

(山本明日美)