マーティン・スコセッシ監督と長崎奉行武家屋敷のセット

写真拡大

マーティン・スコセッシ監督の映画『沈黙-サイレンス-』の追加キャストが発表された。

【予告編と画像を見る】

1月21日から日本公開される同作は、遠藤周作の『沈黙』をもとにした作品。キリスト教への激しい弾圧が行なわれている17世紀江戸時代初期の日本を舞台に、日本を訪れた宣教師の姿を描く。

発表された追加キャストは、片桐はいり、青木崇高、SABU、EXILE AKIRA、黒沢あすか、遠藤かおる、井川哲也、PANTA、松永拓野、播田美保、山田将之、美知枝、伊佐山ひろ子、三島ゆたか、竹嶋康成、石坂友里、佐藤玲、累央、洞口依子、藤原季節、江藤漢斉、菅田俊、寺井文孝、大島葉子、西岡秀記、渡辺哲、田島俊弥、北岡龍貴、中村嘉葎雄、高山善廣、斎藤歩の31人。

なおこれまでに発表されていたキャストは、宣教師ロドリゴ役のアンドリュー・ガーフィール、神父フェレイラ役のリーアム・ニーソン、ガルペ役のアダム・ドライバー、井上筑後守役のイッセー尾形、キチジロー役の窪塚洋介、モキチ役の塚本晋也、通辞役の浅野忠信。小松菜奈、加瀬亮、笈田ヨシも出演者に名を連ねる。