大人気モデルのジジ・ハディッド (c)Imagecollect.

写真拡大

モデルのジジ・ハディッドが、ソーシャルメディアを休むと宣言した。

ジジはインスタグラムに2640万人以上の、ツイッターに360万人以上のフォロワーがいて、ソーシャルメディアの投稿が常に注目されている。そんなジジは現地時間7日にニューヨークで行われたReebok[リーボック]のイベントで、ソーシャルメディアについて、「実は1か月休むの。新年にね」「アプリを携帯電話から消すだけよ」「(休むことは自分を)力づけてくれることよ。スポットライトにいる人だけでなくて、みんなにとってもね。結局私はあなたたちに見せるものを自分で選んでいるの。世界の多くの人がほかの人の生活に権利があると感じているのよ。それってとてもクレイジーだわ」とコメントしている。

ジジの親友でモデルのケンダル・ジェナーは先月インスタグラムを突然削除し、大きなニュースに。ケンダルは消した理由を「デトックスしたかったの。少し休みがほしかったわ。いつも見ちゃうから。朝起きたら、最初に見るし、寝る時は、最後に見るし。ちょっと依存しすぎているって感じたの。ちょっと時間がほしかったの。デトックスよ」「すごく素敵よ。オススメするわ。携帯から離れてる時間が増えるの。現実と関わって、自分の目の前にいるリアルな人々とどう接するかって。だから、インスタグラムだけでも離れることって素敵だと思うの」と語っていた。ケンダルは一週間後にインスタグラムに戻っている。

ジジがソーシャルメディアをしばらく休むのは寂しいが、心をリフレッシュするいい機会になりそうだ。