岩松了最新作の舞台に出演する堀井新太

写真拡大

岩松了作・演出の舞台、M&Oplaysプロデュース「少女ミウ」(仮題)が、'17年5月に東京・下北沢にあるザ・スズナリで上演されることが決定。ドラマ・映画・舞台で活躍中の若手俳優・堀井新太と黒島結菜の共演が明らかになった。

【写真を見る】「時をかける少女」で連続ドラマ初主演を果たした黒島結菜も出演

'11年「国民傘」以来、6年ぶりにザ・スズナリにて上演される岩松の新作。「国民傘」では、なぜ人は争うのか、「戦争」についての考察がテーマとなったが、今回の新作は、一家心中の生き残りの少女・ミウをめぐる「虚偽と真実」についての青春群像劇となる。

NHK連続テレビ小説「マッサン」でブレークし、その後も映画「青空エール」など映像の出演作が続く堀井。

日本テレビ系ドラマ「時をかける少女」で連続ドラマ初主演を果たし、その後も「オケ老人!」など映画・ドラマでの活躍が目覚ましい黒島。

ほか8人の若手俳優が、ザ・スズナリという濃密な空間で“岩松流人間ドラマ”を繰り広げる。

「アイスクリームマン」や「センター街」「傘とサンダル」、さらに近年では「カスケード」「宅悦とお岩」など若手俳優の群像劇には定評のある岩松が、今度はどんなドラマを紡ぐのか、期待が高まる新作が登場する。