「この活動が最後になりそう」Double S 301 キム・ヒョンジュン、入隊時期に直接言及

写真拡大

グループDouble S 301のキム・ヒョンジュンが2017年上半期に入隊する。

キム・ヒョンジュンは8日午後、ソウル市西大門(ソデムン) 区梨花(イファ) 女子大学サムスンホールで開かれた2ndミニアルバム発売記念のメディアショーケースで「301の活動が終わり次第、国防の義務を全うしに行く。301の活動が最後になると思う」と述べた。

Double S 301は、現在末っ子のキム・ヒョンジュンを除いて全メンバーが軍服務を終えた。キム・ヒョンジュンに向かってホ・ヨンセン、キム・キュジョンが敬礼をするとキム・ヒョンジュンは「今バイバイしないでくれ」と話し笑いを誘った。

彼は「2人はもう行ってきたので僕に色々と話してくれる」として「来年(2017年) 上半期に入隊したら、新しい社会生活を通じて多くのことを学ぶ時間になると思う」とつけ加えた。

キム・キュジョンは「ヒョンジュンが帰ってくる時まで、僕たちは個々が丈夫な石にならなきゃいけないと思う。しっかりと活動の準備をしておくから、元気に行ってくれさえすればいい」と頼もしい姿を見せた。

Double S 301の今回のアルバムは「ETERNAL」シリーズの完結作で、「ETERNAL 0」、「ETERNAL 1」の2種類のバージョンで発売される。彼らの音楽の感性を感じることができる合計5曲が収録され、ホ・ヨンセンがそのうちの2曲を作詞・作曲および全体のプロデューシングを担い、音楽の力量を発揮した。

タイトル曲「REMOVE」は、ホ・ヨンセンの自作曲で、過ぎ去った愛を忘れようとする一人の男の話を歌詞に収めた。ミディアムテンポのバラード曲でグルーブなリズムと穏やかなメロディ、アコースティックなリズムのギターリフ(繰り返されたり印象に残るギターの旋律) が魅力的だ。