島崎遥香らナシゴレン課のメンバーのパノラマ写真がプリントされた傘が完成/(C)テレビ朝日

写真拡大

捜査に出向くことなく刑事部屋で難事件を解決する極秘部署を舞台に、“ぱるる”こと島崎遥香がずば抜けた洞察力、推理力を持つ女デカ長・風早恭子役を熱演中の深夜ドラマ「警視庁 ナシゴレン課」(毎週月曜夜0:15-0:45テレビ朝日ほか)。

【写真を見る】「警視庁 ナシゴレン課」オリジナル傘で気分はナシゴレン課の一員!?/(C)テレビ朝日

そんな「警視庁 ナシゴレン課」から、番組特製オリジナル傘が完成した。毎週実施している番組公式HPのクイズ企画『デカ長からの報酬』に応募した人の中から抽選でプレゼントされる。

この番組オリジナル傘は 11月21日の第6話『マジで爆発!?5秒前』の1シーン(「ナシゴレン課」全キャストが郵便物をのぞき込む場面)を下から360°カメラで撮影し、そのパノラマ画像を傘の内側にプリントしたもの。

そのため傘を開くと、島崎遥香をはじめ、古田新太、勝村政信、波岡一喜、猫背椿、越村公一、中山麻聖らナシゴレン課メンバーにのぞき込まれているような感覚になる、他にはない面白いデザインになっている。傘は全て職人の手作業で作られており、ドラマの1シーンが忠実に再現されている。

そんな「ナシゴレン課」ファンにはたまらないこのオリジナル傘を、毎週クイズの正解者の中から抽選で1人にプレゼント。毎週のオンエア前(月曜深夜0:15)までに、『デカ長からの報酬』企画に参加して「警視庁 ナシゴレン課」オリジナル傘をゲットしよう!

なお次回、12月12日(月)放送の第9話『伊吹一日デカ長、犯人はデカ長!?』は、島崎遥香が1人2役に挑戦。デカ長・風早恭子(島崎)が出張の日、残されたメンバーは横領事件の推理に挑むが、なぜか事情聴取に現れた女性が風早にそっくりで…というストーリー。

キレ者のデカ長が不在の中、ナシゴレン課は無事、事件を解決できるのか?

なお、スピンオフドラマ「警視庁 ナシゴレン課 番外編『恋のアルマジロ』」も、地上波ドラマ放送終了後に第9話を配信(※『au ビデオパス』の会員限定で、地上波ドラマ放送終了後より毎週1話ずつ、全10話ネット配信)。

今回は、風早と石鍋(古田)が一緒に出勤してきたところからドラマが展開していくのだが、前夜、2人に何があったのか…?