染谷将太が特殊メイクで二海堂晴信を演じる/[c]2017 映画「3月のライオン」製作委員会

写真拡大

「ハチミツとクローバー」の羽海野チカが手掛けた人気コミックを神木隆之介主演で実写映画化する、『3月のライオン 前編』(2017年3月18日公開)と『3月のライオン 後編』(2017年4月22日公開)。今回、原作でも人気の高い二海堂晴信を染谷将太が演じていることが明らかになった。さらに「神がかった配役!」とファンを熱くさせたキャラクターの劇中写真も一挙解禁!

【写真を見る】有村架純演じる零の義姉、幸田香子 その他キャラの写真はこちら/[c]2017 映画「3月のライオン」製作委員会

二海堂は、神木演じる桐山零と幼少期から将棋で対局を重ね、“心友”かつ“終生のライバル”を自称する人物。原作での二海堂に合わせ、特殊メイクによりムッチリとした体形に変身して撮影に臨んだ染谷は、「実は二海堂晴信役は染谷でした。がっかりですか?じらしてごめんなさい」

「いろんな意味で、本当に映画の中でしか会えない二海堂くんが誕生しました。染谷の事は忘れてください、それが本望です。映画の中だけで生きている二海堂くんです。自分は身体を貸した程度です。リアルな感情で向かってきてくれた神木くんに二海堂くんは熱く熱くぶつかっていきました」と語っており、若手演技派として名を馳せる2人の共演に期待が高まる。

孤独を抱えていた17歳のプロ棋士、桐山零が、東京の下町に住む川本家三姉妹との出会いや、様々な人生を背負った棋士たちとの戦いを通して成長していく姿を2部作で描く『3月のライオン』。神木をはじめ、劇中カットお披露目となった総勢18名の役者が、原作の世界観を継承しつつも、映画として新たな魅力を吹き込む。【Movie Walker】