染谷将太、特殊メイクで“ムッチリ” (C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会

写真拡大

 俳優の染谷将太が、神木隆之介の主演映画「3月のライオン」で、主人公・桐山零のライバル・二海堂晴信を演じていることがわかった。染谷は、特殊メイクによって二海堂の“ムッチリ”体型を忠実に再現している。あわせて、有村架純(幸田香子役)、倉科カナ(川本あかり)、清原果耶(川本ひなた)、佐々木蔵之介(島田開)、加瀬亮(宗谷冬司)、伊藤英明(後藤正宗)、豊川悦司(幸田柾近)、高橋一生(林田高志)ら主要キャストが、各キャラクターを熱演する様子をとらえた写真も一挙に公開された。

 「ハチミツとクローバー」などで知られる羽海野チカ氏の人気コミックを、「るろうに剣心」「ミュージアム」の大友啓史監督が2部作で実写映画化。17歳のプロ棋士・零(神木)が、東京の下町で暮らす川本三姉妹やライバル棋士たちとの交流を通して、成長していく姿を描く。

 染谷は、「実は二海堂晴信役は染谷でした。がっかりですか? じらしてごめんなさい(じらしたのは僕じゃないけど……)」と茶目っ気たっぷりに種明かし。さらに、「いろんな意味で本当に映画の中でしか会えない二海堂くんが誕生しました。染谷の事は忘れてください、それが本望です。映画の中だけで生きている二海堂くんです。自分は身体を貸した程度です。クランクアップした時、二海堂にもう会えないのかと思うと思わず寂しくなりました」と役への思いを明かす。また神木との共演については、「リアルな感情で向かってきてくれた神木くんに二海堂くんは熱く熱くぶつかって行きました」と明かした。

 「3月のライオン 前編」は2017年3月18日、「3月のライオン 後編」は17年4月22日に公開予定。