早撃ちで敵を撃破!

写真拡大

 黒澤明監督の傑作時代劇「七人の侍」(1954)と、同作を西部開拓時代のメキシコに置き換えてハリウッドリメイクしたウエスタン「荒野の七人」(60)を原案に描く、ウェスタン「マグニフィセント・セブン」の特別映像を、映画.comが独占入手した。主人公サムが活躍するバトルシーン、主演のデンゼル・ワシントンとアントワン・フークア監督のインタビュー映像などが収録されている。

 フークア監督とワシントンが、「トレーニング デイ」「イコライザー」に続き、3度目のタッグを組む本作は、古典映画のストーリーに現代の視点を盛り込んだ西部劇。冷酷非道な男に支配され絶望的な日々を送る町の人々に雇われた、賞金稼ぎのサム(ワシントン)やギャンブラーのジョシュ(クリス・プラット)ら7人のアウトローが、命がけの戦いに挑む姿を描く。

 特別映像は、ワシントンとフークア監督によるキャラクター解説とともに、主人公サムのバトルシーンが映し出される。早撃ちの名手であるサムは複数の敵を一瞬で仕留め、背後から狙う相手にも素早く反応。圧倒的な強さを見せるサムに対し、ワシントンは「真の男だ」と満足げに語っている。

 ワシントンやプラットをはじめ、イーサン・ホーク、イ・ビョンホン、ビンセント・ドノフリオら豪華キャストが共演する「マグニフィセント・セブン」は、2017年1月27日から公開。