tv_20161209120625.jpg

写真拡大

番組冒頭の「小倉が斬るニュース」で紹介されたのは、アメリカで有名な「整形セレブ」が恋人をハサミで切りつけて逮捕されたというニュース。

この女性は「キャットウーマン」の異名を持ち、ニューヨークのトランプワールドタワーに住む超セレブ、ジョセリン・ウィルデンスタイン(76歳)。

総額4億円を美容整形に費やすが、夫と離婚

これまで何度も整形を繰り返し、総額にすると4億円を美容整形に費やしている。かつて大富豪の夫がモデルと浮気をしている現場を目撃し、夫の気持ちをつなぎとめるために、夫の好きなネコみたいになりたいと整形したのが始まりだった。しかし、肝心の夫は整形した顔に嫌気がさしたとして離婚されてしまった。その整形セレブが先日、27歳年下の現在の恋人に襲いかかり逮捕されてしまったのだ。

番組MCの小倉智昭は「考えようによっちゃ気の毒な女性ですよね。元の顔のほうがよかったんじゃないの?」と感想を述べると、プレゼンターの森本さやかが、12月7日(2016年)に法廷に出廷した整形セレブの今の顔を示す。そこには、キャットウーマンの異名の通り、つり上がった目をしたネコのような女性の顔が!

SNSに夢中な恋人に逆上・・・爪で引っかき、ハサミで刺す!

彼女が年下の恋人でファッションデザイナーのロイド・クラナンさん(49歳)に襲い掛かるほど逆上した理由は、恋人がSNSに夢中で構ってくれなかったからというもの。自慢の爪で顔を引っかき、ハサミで腹部を刺した疑いがかけられている。

小倉は「女性には顔に対する思いの強い人もいます。それにしても4億もかけたんですか。不幸だな」と気の毒そうにつぶやいていた。