『ライブ・インパクト「進撃の巨人」』ビジュアル

写真拡大

諫山創の漫画『進撃の巨人』の舞台化され、2017年夏に上演されることがわかった。

【もっと大きな画像を見る】

『進撃の巨人』は、2009年から『別冊少年マガジン』で連載中の漫画。100年以上前に突如出現した巨人たちによって文明が崩壊した世界を舞台に、巨人の侵攻を防ぐために巨大な壁の中で暮らす人類と、再び現れた巨人たちとの戦いを描いた作品で、2013年にはテレビアニメ化、2015年には実写映画化された。

舞台版のタイトルは『ライブ・インパクト「進撃の巨人」』。舞台版について『週刊少年マガジン』編集部の川窪慎太郎は「作品の世界観が舞台でどう表現されるのか。例えば、巨人出現のシーンや、調査兵団の『立体機動装置』がどのように演出されるのか。五感をフルに活用して体験してもらえるステージになるように企画しています。楽しみにしていて下さい!」とコメントしている。

オフィシャルサイトでは「轟音。爆風。蒸気。血飛沫。誰も見たことのない表現で、誰も味わったことのないスケールで、巨人が、兵団が、あの戦いが、あの悪夢が目の前に現れる。紙や映像だけでは喰われ足りなかった者達へ」といった紹介文が掲載されている。

会場や公演スケジュールなどは2017年の年明けに発表される予定。事前にオフィシャルサイトからメールマガジンに登録すると、会員限定の先行チケットを申し込むことが可能になる。