写真提供:マイナビニュース

写真拡大

シャープは12月8日、同社が2016年11月に開始したIoTベンチャー企業を対象とするモノづくり研修である「SHARP IoT. make Bootcamp」に、商品開発から量産までをワンストップで支援するサービスである「量産アクセラレーションプログラム」を、2016年12月に追加すると発表した。

新プログラムは、同研修における量産設計や品質・信頼性確保などの技術やノウハウを教授する「モノづくりブートキャンプ」に参加している企業の要請に応じて策定した。

量産に向けた設計、品質・信頼性、生産、検査、さらには量産後のアフターサービス、廃棄/リサイクルまでを、同社と共同で作業を進めていく有償のサービスであり、参加を希望する企業の中から、導入に適した企業を同社が選定するという。

同プログラムの追加により、IoTベンチャー企業と一体となって新規ビジネスの確実な事業化を支援するとしている。

同社は、IoTベンチャー企業の事業化を一貫して支援(成長に合わせて創意工夫を共有)することを通じ、新コーポレート宣言である「Be Original.」に反映しているという同社の創業精神を再び社内に浸透させ、将来的に社内からベンチャー企業を輩出するような企業風土の醸成を図るという。

また、スタートアップ企業に寄り添い共に成長することで、同社が目指す「人に寄り添うIoT」を具現化する、新規ビジネスやエコシステム構築の可能性を追求していくとのことだ。

なお同社は、第2回「モノづくりブートキャンプ」を2017年2月13日から2月22日まで開催予定であり、専用サイトで参加募集を開始した。

(山本善之介)