大好きな彼と過ごすクリスマスは女性にとって特別な日。デートできるだけでも幸せな気分になれそうですが、交際期間の長さによっては、クリスマスのプロポーズを期待してしまうことも。今回は、何年くらい付き合った彼ならクリスマスのプロポーズを期待してしまうのかについて聞いてみました。

Q.クリスマスのプロポーズを期待してしまうのは、付き合って何年目ですか?

第1位「3年目」……36.3%
第2位「2年目」……25.2%
第3位「5年目」……13.2%
第4位「1年目」……11.0%
第5位「7年目以上」……8.1%
第6位「4年目」……5.1%

4割弱の女性たちが、3年目のクリスマスには「もしかしたら」とプロポーズを期待するようですね。では、回答ごとに期待してしまう理由について聞いてみましょう。

■第1位「3年目」

・「2年では早すぎるけど3年以上は待つのはつらい」(22歳/不動産/秘書・アシスタント職)
・「2年目はそろそろかなと思う時期で、3年目からだと時間もそれなりに経っているので、いいかなと思う時期なので」(24歳/金融・証券/営業職)

3年目のチャンスを逃してしまうとこのままズルズルと付き合うのではという不安もわいてきそう。交際の期間として決して短いとは言えない3年目には、何かしらのけじめをつけてほしいと思う女性も多いようですね。

■第2位「2年目」

・「年齢的に妥当な時期だと思うから」(26歳/建設・土木/事務系専門職)
・「いい歳だし、ちょうど今、2年目なので」(30歳/情報・IT/事務系専門職)

社会人としてもある程度の経験を積んできたし、年齢的にもそろそろ結婚。そんなときに付き合ってから2年目くらいの彼がいる女性は、そろそろプロポーズがあってもおかしくないと期待しているようですね。

■第3位「5年目」

・「キリがいいから。そろそろいい加減次に進めてほしいので」(30歳/機械・精密機器/営業職)
・「そのくらいでそろそろプロポーズしてくれないといつまでも結婚できなくなりそうだから」(28歳/商社・卸/事務系専門職)

5年も付き合えば結婚の話が出てきているカップルも少なくなさそうなので、このあたりで彼からはっきりとプロポーズの言葉がほしいと思うのも当然かも。なかなか煮え切らない彼の背中を押すきっかけにもなりそうですね。

■第4位「1年目」

・「年齢にもよるが、アラサーであれば1年目で期待したい」(27歳/建設・土木/秘書・アシスタント職)
・「この年齢で何年も待たされても困るので」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

付き合った年齢が結婚適齢期以降であれば、交際1年目のクリスマスにプロポーズされても決して早くはないという女性も。年齢的に最初から結婚を意識して交際をスタートしたのであれば、1年付き合えば十分ということでしょうか。

■まとめ

交際1年目から7年以上という女性まで、クリスマスのプロポーズを期待してしまう交際期間はさまざま。結婚を決めるかどうかは、お互いの年齢やそのときの状況などいろいろなことを考えたうえでなので、交際期間だけで気持ちを固めることはできませんが「●年目だから」という気持ちが結婚に踏み切るきっかけになるのも確かですよね。みなさんは、今年のクリスマスに彼からのプロポーズを期待できそうですか?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年12月にWebアンケート。有効回答数136件(22〜34歳の働く女性)