合コンで「外銀マン」を落とすには、“TOEICでハイスコアを獲得せよ!”

写真拡大

こんにちは、トイアンナです。やれやれ、ハイスペ合コンの連載でも一番の金持ちが出てきてしまったよ。というわけで今回は外銀マンです。初任給が1,000万円、30歳で5,000万。なんだか一桁ちがう人生を歩む彼らは、落としやすさも含めてコスパ最強です。が、おいしい話にゃ裏がある! というわけで行ってみましょう!

<本日のモンスター:外銀マン>

命をすり減らして金を手に入れる、それが外銀マン。彼らは「オンとオフで金遣いの落差が激しい」のが特徴です。合コンではシャンパンを水のように空けていくにも関わらず、仲よしグループではファミレスも辞さない。その本質は「金が好きだからできれば使いたくないけれど、見栄張る場面でぶっこむぜ」です。ですからパーティに惑わされてはいけません。彼女ならまだしも、結婚後は緊縮財政になると心得ましょう。

●OP(落としやすさポイント):★★★☆☆

意外と落としやすいです。理由は出会いの少なさ。1日20時間勤務など人類の限界に挑戦する彼らは、女性に出会う隙間が「先輩と行く合コン」くらいに限られます。とはいえそこにはグラドル、CA、女子アナとありとあらゆる女性がわいて出るルルドの泉。「美人」は売り物にならないと心得ましょう。差別化ポイントは「育ち」と「語学力」です。

●タイプ:ぜにぜに系

外銀の業務はヒアリングする限り、「楽しくない」「センター試験を毎日受けてる気分」との証言多数。1日のほとんどをそこへ捧げる彼らのモチベーションは何よりも金です。金が好き、たとえ寿命を削っても。そこまで言える人間はそう多くありません。賢く、体力があり、お金のために身を粉にできる。外銀マンはあらゆる意味で選ばれし者です。

■「外銀マン」ゲットのカギ!

●まず「本当に外銀」か確認しよう

上述のとおり、外銀マンには暇がない。人事やオペレーションに代表されるバックオフィスの人材でなければ、まともな時間の合コンは奇跡です。ですから合コンで出会った外銀マンへは「本人確認」を忘れずに。最近では、名刺を偽造する詐欺まがいの偽者も報告されています。業務内容を仔細に聴いて、相手が本当に外銀マンなのかチェックしましょう。

外銀マンは自分が「選ぶ側」であることを知っています。とはいえ顔の好みは人それぞれ。必ずしも一般的な美人でないからといって悲嘆に暮れることはありません。一方で必須とされるのが語学力。パーティで連れて歩く女性が、外国人同僚と話せないなんて事態は許されない。本人たちも帰国子女率が高く、会話が英語になることもあります。

というわけで英語に自信がない方は今すぐTOEIC、できればTOEFLのハイスコアを狙ってください。さすれば外銀マンと付き合えなくても人生のプラスになるでしょう。

●離婚もよくあることだと覚悟して

ぱぷりこさん(人気ブログ『妖怪男ウォッチ』運営)も指摘していましたが外銀マンの恐ろしいところは、その年収の高さがゆえに離婚を躊躇しないこと。あなたがお眼鏡に適わなければ、たとえ結婚していても「慰謝料? 一括で振り込むよ」と家を追い出されるかもしれません。

と同時に、明日クビになるかもしれないのが外銀マン。カードキーが無効になってて入れなかった……なんてリストラのスタイルは、外資系企業は数多くあれど外銀でしか聞いたことがありません。「大丈夫、次の仕事が見つかるまで私がなんとかするから!」と言い切れるタフさが女性には求められるのです。いざとなったらそんな彼を支えられるよう、心と体を鍛えておきましょう!

(監修・文:トイアンナ、イラスト:菜々子)

※次回「ITベンチャー男子編」は12月15日更新。「お洒落IT男子」ゲットだぜ!