やだ、ウソ!? 「彼氏の部屋」にあったらドン引きするもの・6選

写真拡大

初めて訪れた彼の部屋での「お家デート」。初めて来た家だからこそ、いろいろなものをチェックしてしまいがち。その人の人となりなどを知るためには、やっぱりお家の中を知るのが一番でしょうからね。でも、そのチェックをしているうちに、衝撃の事実を目撃することもあることでしょう……。そこで、「彼氏の部屋にコレがあったら、マジ無理」と女性が思うものを聞いてきました。

■元カノとの思い出品

・「前の恋人との写真や手紙。そういったことはありませんでしたが実際にあったら引きそう」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

・「元カノとの写真やプリクラなど、過去を思わせる物」(33歳/学校・教育関連/専門職)

新しい彼女ができたのなら、元カノに関するグッズは始末するか、決して見えないところに隠しておくのがマナーと言うもの。そういうことができない、というあたりに、未練をちょっと感じてしまいそうです。

■フィギュア

・「美少女系のフィギュアやグッズなど。インドアそうで、自分が優先されない気がするし、女性に対する理想が変に高そうだから」(25歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「フィギュアを集めている。結婚したら金かかりそう」(34歳/その他/販売職・サービス系)

オタク丸出しの部屋でもちょっと考えてしまいますね……。彼女にありのままの自分を見せたかったのか、そもそも、オタクな趣味を一切恥じていないのか……。

■ゴミだらけ

・「ゴミの山、散乱した洋服、日用品」(26歳/情報・IT/事務系専門職)

・「ゴミ箱に収まってないゴミ類。食べた後のコンビニ弁当とかカップラーメンとか」(35歳/その他/その他)

整理整頓ができない男性もたくさんいますから、ゴミや洗濯ものにあふれた部屋を作り出す人もさぞや多いことでしょう。でも、よくいるとわかっていても、自分の彼氏の部屋がそんな状態だったら嫌ですよね……。

■恋愛ハウツー本

・「モテるための本など。本に書いてある行動をまねするのは気持ち悪い」(28歳/医療・福祉/専門職)

女性の心をつかむためのハウツー本、読みたい気持ちもわかりますが、モテることに必死な内面が透かして見えるようで、決していい気はしないはず……。自分がその本のテクニックで落ちたのだとしたら、複雑ですね。

■母親の気配

・「母親が選んだであろう花柄の布で覆われた家具や、母親を連想させるもの」(26歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「お母さんとのツーショット写真や手紙を張ったボード」(31歳/その他/その他)

マザコンな男性は本当に多いそうですが、母親の存在、影響を感じさせるものが堂々と部屋の中にあるのは、きっと極度のマザコンでしょう。マザコンの男性と結婚すると大変といううわさもありますし、「結婚はナシだな」と判断してしまうかも。

■アダルトグッズ

・「偏りすぎた性癖の本。普通のものは仕方ないと思うが理解に苦しむようなものはちょっと」(34歳/その他/その他)

・「アダルトビデオがたくさんあったらやだ」(34歳/情報・IT/その他)

AVやその手の本など、男性なのだから持っていてもしょうがない、とはわかっていつつも、その数があまりに多かったり、内容がハードコアだったりしたら、ちょっと考えてしまいますね……。

■まとめ

彼の部屋には、その人の本性や、知らなった一面を感じさせるものがいろいろとあるはず。だからこそ、もし、「これは一体……」とドン引きするようなものがあったら、今後の付き合い方を真剣に考え直す必要が出てくるかもしれません。見てみぬふりをせず、現実を受けとめましょうね……!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年11月にWebアンケート。有効回答数218件(25歳〜35歳の女性)