高梨臨は「代償」で圭輔(小栗旬)の婚約者である弁護士・白石真琴を演じる

写真拡大

毎週金曜にHuluにて日米同時配信配信中の、小栗旬主演・Huluオリジナルドラマ「代償」。

【写真を見る】高梨臨は「気持ち的に分かりやすくてはっきりした女性なので、とても爽快でした」と振り返る

Smartザテレビジョンでは、本作に出演するメインキャストおよび監督にリレー形式でインタビューを行った。

第5回は小栗扮(ふん)する弁護士・奥山圭輔の婚約者で、同僚の弁護士・白石真琴を演じる高梨臨が登場。

恋人役の小栗の印象や役作りについて、撮影の合間によく話をするという高橋努の印象などを聞いた。

――今回演じられている真琴のキャラクターについて教えてください。

正義感も強く、真っすぐに育てられた女の子です。気持ち的に分かりやすくてはっきりした女性なので、とても爽快でした。

――すんなりと真琴の役に入れましたか?

最初のうちは少し抱え込むこともあるんですけど、基本的に真琴は何事も包み隠さないタイプなので、感情移入はしやすかったです。後半にいくにつれて言いたいことをバンバン言っていくので、気持ちもとても楽でしたね。

――地上波では放送するのも難しい尖った作品に思えますが、作品全体の印象を教えてください。

最初に台本を読んだとき「何この話!?」って驚きました。これをドラマ化するんだ、すごいなあって。なかなか出会えない作品ですし、これを映像化したらどうなるんだろうという、自分の中でイメージがどんどん膨らんできました。

――演じられてみて、手応えはいかがでしょうか?

真琴は犯罪者側のグループとはほとんど一緒のシーンがないので、幼少期を含めて自分が“見ていない世界”がたくさんあるんです。小栗さんも高橋努さんも今回初共演でしたが、実際に台本を読んでお二人が演じられているのを見て、より分かりやすくイメージが湧きました。そうやって作品が作られていく感じが毎日ワクワクしました。

――初共演の小栗さんの印象はいかがですか? 

お会いする前は、バラエティーに出られている姿もあまり拝見したことがなかったので、その時その時に演じられていた役のイメージしかありませんでした。特にストイックなイメージがあったので、役に染まる方なのかなと思っていたんですけど、実際にはチャーミングな方で。

明るくて、だけど入り込むときはとても入り込んでいて、面白い方ですね。リハーサルからすごく真剣にやっているときもあれば、反対にめちゃめちゃふざけているときもあるし(笑)。

だから一緒にお芝居をしていてワクワクしましたし、あまりにもふざけるので思わず笑ってしまうこともありました(笑)。特にリハのときは、わざとおちゃめな動きやセリフ回しをして、笑わせようとなさっていました。

――楽しそうですね(笑)。小栗さん演じる圭輔の婚約者役ですが、事前にコミュニケーションを取られましたか?

そうですね。インの前にみんなでご飯に行く機会があったので、そこでたわいない話をして、皆さんと打ち解けられました。普段から喋りやすい間柄でいることを心掛けていて、小栗さんもフランクな方なので、苦労することなく一緒にいられました。

だた、あまりにも近しい感じではなかったつもりです。圭輔と真琴にもある一定の距離というか、入れない領域があったとので、ちょうど良かったかなと。つくづく真琴と圭輔は面白い関係だなと思いながら演じてきました。

――達也役の高橋努さんの印象はいかがですか?

努さんは…面白過ぎです(笑)。努さんって人の心を和ませる才能がすごいんです。簡単に心を開かせてくれたので、何かあったらすぐに相談しましたし、みんなで飲みに行ったこともありました。本当にいらっしゃるだけで落ち着きましたし、現場の空気をつくるのが抜群にうまいし、大人の余裕がありますよね。

でも、努さんが達也のような役をやるのは意外でした。私が知っている高橋努という人とは印象が全然違ったので、面白いなと思いました。努さんが日に日に達也になっていくさまがすごいので、新しい高橋努をぜひご覧ください!(笑)

――特に印象に残っているシーンは?

私は拷問のシーンなど、怖いシーンを目の当たりにすることはなかったのですが、父が血だらけで倒れているシーンは衝撃的でしたね。あれは朝方まで撮影していたのですが、私は朝まで泣き叫びました(笑)。

――親子役ということもあって、自然と感情が爆発したということですか?

はい。父親役の石橋凌さんが本当にいい人だったので。一緒の時間は少なかったんですけど、セッティング中も横でフランクにお話させていただいたり、「お父さんだから何でも言ってね」って言ってくれたり、愛のある方だなと思いました。もっとずっとご一緒したかったです。

――少し作品から離れて。高梨さんはHuluをご覧になったことはございますか?

この作品を撮影しているとき、Huluの「フジコ」(‘15年)というドラマを拝見しました。最初は第1話だけ見てみようかな!って軽い気持ちで見始めたら、止まらなくなっちゃって。こんなにすごい表現ができるのか! だから「代償」をやるのか!と驚きました。

そういうチャレンジ企画ができると知り、「代償」も面白くなるなと思いました。

――ドラマや映画に引っ張りだこですが、ここまでの役者人生を考えていただいて、手応えはどうでしょうか?

作品のカットごとに、これはもうちょっとできたんじゃないかなって思うこともありますし、よし!すごく気持ちいい感じになった!って手応えを感じることもあるんですけど、実際にオンエアーを見ると真逆のこともありますし、正直まだ分かりません。

でも、常に迷いながら、自分の中で答えを探しながらやっていければと思っています。変に決めつけちゃってもよくないでしょうし、限りある時間の中で私にどれだけのことができるのかと、それをモットーに頑張っていきたいと思います!

――そんな高梨さんが今ハマっているものは?

外でも中でもお酒を飲むのが好きです。家でも1人でボ〜っとしながらお酒を飲んだり、友達と会ってワイワイお話しながら飲んだり、映画を見るのも好きです。

あと食べ歩きも好きですし、店も行く前に入念にチェックします(笑)。ランニングも好きですね。ストレス発散にはやっぱりランニングが一番ですよ!

――では、最後にこれからご覧になる方へ、見どころをお願いします。

私自身、こんなにも挑戦的なドラマがあるんだと衝撃を受けましたし、1人でも多くの人に知ってほしいです。見れば見るほど渦の中に巻き込まれていくような感覚になって見てもらえると思いますし、真琴は割といろんな目線で楽しんでもらえると思います。

真琴の身に次々と起こる衝撃的な展開に「うわ〜! うわ〜!」って言っているうちに、全部見終わってしまうんじゃないかなと思います。まずは1話を見てもらいたいです。1人1人のキャラクターも魅力的ですし、1話を見たらきっと止まらず最後まで見たくなると思うので。

今まで自分がやった作品とは全然違うので、自分自身も観客として楽しみな作品ですし、内容もキャラクターもやっていくうちにどんどん深くなっています。

実は、今回のドラマでは弁護士役なので、すごく難しい言葉を話さないといけないのかなと思っていたんですけど、全然そんなことはなかったので、ちょっとホッとしているんです(笑)。肩ひじ張らずに見られる作品ですので、“食わず嫌い”をせず、最後まで真琴と一緒にハラハラドキドキを楽しんでください!