広東省東莞市常平鎮のある工場では、イギリスの自閉症の少年(14)のために思いやりコップを再生産する活動を推進中だ。(撮影・周沫)

写真拡大

広東省東莞市常平鎮のある工場では、イギリスの自閉症の少年(14)のために思いやりコップを再生産する活動を推進中だ。中国日報が伝えた。

【その他の写真】

ベンくんと言う名のこの少年は12年もの間、1つの青緑色のコップを自分の親友の様に大事にしており、そのコップでないと飲み物を飲まないのだという。このタイプのコップはすでに2003年に生産が終了していたが、工場側はこのほど少年のためにコップの再生産を決定した。

同工場の責任者によると、彼らのコップのサンプルはすでにイギリスに送られ、ベンくんの父親に色合いが合っているかどうか確認してもらっているところだということだ。確認が取れ次第、工場ではすぐに生産ラインを再始動し、クリスマスか元旦には500個から1000個のコップをイギリスに送り、ベンくんにプレゼントされるという。(提供/人民網日本語版・編集/TK)