ただ見るだけではない、"参加できる"VR体験

写真拡大

タカラトミーは、VR(バーチャル・リアリティ=仮想現実)体験を楽しめるゴーグル型VR端末「JOY!VR 宇宙の旅人」を2016年12月に全国の玩具店や直販サイト「タカラトミーモール」などで発売する。スマートフォンを専用ゴーグルにセットし、映し出される映像内を360度自由に移動して楽しめる。

コントローラーで自由自在に移動、より高い没入感

専用コントローラーでVR空間内を自在に移動できる独自技術により、一般的な「視聴型」ではない「参加型」として、より没入感の高いVR体験が可能という。

第1弾コンテンツ「宇宙の旅人」では、VRに最適な「宇宙」をテーマに、「太陽系クルーズ」「惑星探査」「宇宙遊泳」「プラネタリウム」4つのモードを楽しめる。

iOS/Android向けアプリにはナビゲーションシステムを搭載し、プレイヤーが乗る宇宙船のナビゲーター音声が、宇宙にまつわる様々な情報や楽しいおしゃべりを聞かせてくれる。親密度が増せば話す内容が増えていくという。ナビゲーターは声優でナレーターの三宅健太さんが担当する。

電源は単4形アルカリ乾電池×2本(別売)。ヘッドバンド、アジャスターシート(A・B各1)、調整クッション、レンズ拭き、ストラップなどが付属する。

価格は9800円(税別)。