ヨーロッパやアメリカ大陸では合法化、非犯罪化の流れが進んでいる大麻。一方、アジアのほとんどの国では、依然として厳しく罰せられる犯罪だ。

そんな中、世界的にも珍しい、大麻に関する法規定のない国がある。北朝鮮だ。

子どもたちに蔓延

大麻の使用は、朝鮮半島が日本の植民地支配下にあった1935年に制定された「朝鮮麻薬取締令」で禁止された。しかし、1948年の北朝鮮建国後には、新たな法律が制定されなったようだ。北朝鮮は、2007年に麻薬単一条約など、関連する3つの国際条約を批准したが、国内法の整備はなされていない。

そのような法の盲点に目をつけた人々が、大麻ビジネスに乗り出したと、米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じている。

北朝鮮製の薬物と言えば、覚せい剤が知られている。かつて、日本へ大量に密輸されていたのは周知のとおりだ。現在は国内の汚染も深刻で、子どもたちにまでまん延している。

韓国農村でも「当たり前」

しかし、少なくとも密輸においては、今後は大麻に取って代わられる日が来るかもしれない。

咸鏡北道(ハムギョンブクト)の情報筋によると、羅先(ラソン)経済特区では、大麻の取引が活発に行われている。市場の商人は、農民から大麻1キロを30元(約500円)で買い取る。それを中国人に500元(約8300円)で売り、大儲けしている。

情報筋によると、北朝鮮で大麻は、大豆などと同じ油糧作物(油の原料となる作物)として扱われている。

元々はどこにでも生えている雑草だったが、金日成氏が食用油の不足問題を解決するために、大麻の栽培を大々的に奨励。それを受け、1980年代の初め頃から各地に畑が作られた。今では油を取る目的で栽培する人は少なくなったが、かつての畑周辺には、野生化した大麻が生えているという。

咸鏡北道の別の情報筋によると、北朝鮮の人々は今まで大麻のことを「うさぎのエサにしかならない雑草」ぐらいに考えていた。それは税関職員も同じで、中国人の荷物から大量の大麻が発見されても、「ああ、山菜の買い付けか」程度にしか考えず、何の制限も加えていないという。

ところが、大麻が高値で売れるという話が伝わるや、状況は一変した。羅先に近い、慶源(キョンウォン)郡や富寧(プリョン)郡の農民は、先を争って大麻を刈るようになり、熾烈な争奪戦が起きている。大麻が国外で違法薬物であることを知っている人は、あまりいないとのことだ。

ちなみに輸出先の中国は、歴史的な経緯もあり薬物に対しては非常に厳しい。密売目的で1000グラム以上のアヘン、50グラム以上のヘロイン、覚せい剤を所持していた者は、最高で死刑に処される。

一方、大麻は法的に麻薬と同じ扱いをされるが、取り締まりはかなり緩いと言われている。それは刑法の施行規則にも現れており、死刑の対象となるのは、大麻樹脂なら10キロ以上、大麻草なら150キロ以上の密売目的の所持だ。

一方の韓国では、先述の朝鮮麻薬取締令、米軍政当局の政令、そして大韓民国成立後の1957年に制定された麻薬法で、大麻の使用、所持などは禁止されている。この法律は属人主義が適用され、海外で使用した場合でも処罰が可能であるなど、非常に厳しい扱いとなっている。

しかし1960年代までは農村で当たり前のように吸われており、警察も取り締まることはなかった。あくまでも「タバコの代用品」との認識だったためで、その後の経済発展と共に、自然と姿を消していったという。

(参考記事:コンドーム着用はゼロ…「売春」と「薬物」で破滅する北朝鮮の女性たち