MCを務めるのは小山慶一郎と加藤シゲアキ/(C)TBS

写真拡大

異色の“インテリジャニーズ”NEWSの小山慶一郎と加藤シゲアキが、さまざまな怒りや問題を抱えた若者たちの“デモ隊”と向き合うデモバラエティ「NEWSな2人」(毎週金曜夜0:50-1:20TBSほか)。初のスペシャルが初の全国ネットで12月29日(木)に放送されることが決定した。放送時間も90分に拡大し、いつも以上の熱い討論が展開される。

加藤シゲアキは1月スタートのドラマで刑事を演じる

今回のスペシャルで扱うテーマは二つ。一つ目のデモは「私たちは日本人だ! ハーフへの偏見ハンターイ!」。

ことし8月に行われたリオオリンピックでは、ケンブリッジ飛鳥選手、ベイカー茉秋選手が大活躍。芸能界では、ハリウッドデビューを果たしたローラ、ワールドツアーを成功させた渡辺直美など、昨今、各界でハーフの方々が大いに存在感を発揮している。にもかかわらず、日本にはまだまだハーフへの偏見が根強く残っているという。

「そもそもハーフっていう言葉が存在していること自体がおかしい!」とハーフへの偏見に怒りを募らせている芸能人のデモ隊が集結。ハーフとしてこの国で育ってきたことで苦労したエピソードをはじめ、彼らが受けてきた偏見を訴える!

二つ目のデモは「夫なんかいらない! 子どもだけ居て何が悪い! 選択的シングルマザーへの偏見ハンターイ!」。

「選択的シングルマザー」とは、未婚で出産し、一人で子どもを育てていくことを決意した女性のこと。そんな選択的シングルマザーは現在、10年前と比べ2倍以上に増えている。しかし、世間の偏見や法律上の問題など、彼女たちはさまざまな苦労を抱えているという。そんな選択的シングルマザーたちがデモを決行! 彼女たちへの偏見に対し怒りをぶつける。

ロケでは、選択的シングルマザーへの密着取材や、これから選択的シングルマザーになろうとしている女性たちを直撃取材、さらには精子提供の現実にも踏み込んでいく。

【小山慶一郎のコメント】

年末の大事な90分ですから、僕らとしても勝負したいと思っています。この番組のコンセプトである「デモバラエティ」という企画は他にないものですし、僕とシゲの二人の番組という形態は僕らにとっても新鮮です。

番組開始からどんどん番組の色が強くなってきているこの時期での特番なので、今の時期で良かったと思っています。もっと早かったら今の感じではなかったし、もう少し遅かったら、もっとディープな感じになっていた可能性もあります。ちょうど見やすい、ポップなこともディープなこともあるという、振り幅が一番いい時期にいただいたスペシャルだと思っています。

今後は、僕らはNEWSというグループでやっていますから、僕らが入り口になって、手越(祐也)が出る回とか増田(貴久)が出る回があってもいいかと思います。金髪偏見ハンターイ!とか。スタジオに来なくてもロケなどでも良いですし。彼らの考えを聞いてみたいですね。スタッフが、全国ネットということで肩肘を張らないことを願っています(笑)。

【加藤シゲアキのコメント】

深夜だからやれる過激な内容を放送してきたので、全国ネットで放送して大丈夫なのかな?と。ただ、毎回毎回いろんな問題にデモ隊と一緒に切り込んでいくというこの番組の姿勢はなくしたくないです。自分としては怖いですが、こんなに本音を責任持ってしゃべっている番組はないです。

今回は初めての全国ネットです。夢は大きくゴールデン目指したい!と言いたいところですが、この内容はそのままゴールデンには持っていけないですから、逆にゴールデンじゃないからこそやれる刺激的な内容を見てもらいたいです。もっとたくさんの人に見ていただきたいです。