写真提供:マイナビニュース

写真拡大

サイオステクノロジーは12月7日、オープンソースのアクセス解析ツールであるPiwikを利用して大規模なWebサーバログを解析できるサービス「Webサーバーログ解析サービスon Cloud」(ログ解析Cloudサービス)の提供を開始した。

同サービスは機能面、費用対効果などの課題を解決するために、オープンソースソフトウェアとクラウド利用による導入・運用コストの低さといったメリットを活用し、迅速かつ簡易にWebサーバのログ解析を行うことができるという。

システム構成は、アクセス解析ツールにオープンソースの「Piwik」(オープンソースの高機能アクセス解析プログラム)、クラウドプラットフォームに「Microsoft Azure」、大量ログデータの保管には「TREASURE DMP」(トレジャーデータが提供するプライベートDMPソリューション)をそれぞれ採用している。

Webサーバのログデータの解析を目的としたものだが、今後は内部で保有しているユーザープロファイルなどの会員データや購買行動に関する情報の活用のほか、サードパーティデータとの連携など異なる種類のデータの掛け合わせといった高度な分析のためのビジネスインテリジェンス(BI)ツールとの接続、さらには本格的なプライベートDMP構築を円滑に進めることも可能となる予定で、デジタルマーケティング活動全体の効率化が実現できるという。

価格は初期費用が30万円〜、月額利用料金が18万円〜となる。また、最短3カ月からのPoC(Proof of Concept:実証実験)の提供も設定しており、機能面の調査や費用対効果の検証することも可能だ。なお、同社では、初年度50社の販売を目指すとしている。

(岩井 健太)