人気急上昇中の成田凌
 - (C)フジテレビ

写真拡大

 来年1月8日よりスタートする小雪&伊藤淳史主演の連続テレビドラマ「大貧乏」(フジテレビ系)の新キャストが発表され、大ヒットドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)などで人気急上昇中の成田凌、ジャニーズWESTの神山智洋らが出演することが明らかになった。本ドラマは勤務先の会社が倒産し窮地に追い込まれたシングルマザーが、元同級生のエリート弁護士の助けを得てリベンジする物語で、「リッチマン,プアウーマン」(2012)、「失恋ショコラティエ」(2014)などで知られる安達奈緒子のオリジナル脚本。「謎解きはディナーのあとで」(2011)や「ゴーストライター」(2015)などの土方政人が演出を手掛ける。

  MEN'S NON-NOモデルでおなじみの成田が演じるのは、シングルマザー・ゆず子(小雪)が務めていた人材派遣会社DOH営業部の若きエース・加瀬春木(かせ・はるき)。長身の眉目秀麗、頭脳明晰、人心掌握にも長けたハイスペックイケメン。DOHにある思いを秘めており、ゆず子と弁護士・柿原(伊藤)と共に、DOHの倒産の裏を探るという役どころで、成田は「僕自身、初めて連続ドラマでのこのボリュームなので、これからの3か月間、楽しみでしかたないです。役としては、どこかつかめない緊張感や親近感が出せればと思っています」と意気込んでいる。

 一方、神山は柿原法律事務所の新人弁護士・木暮祐人(こぐれ・ゆうと)役に。勤勉で真面目、若くして司法試験に受かる実力を持つ優秀な新人で、洞察力に長け、柿原が求めることを瞬時に察知できる男。本ドラマのコミカルパートを担う柿原と木暮の絶妙な掛け合いもまた、本ドラマの見どころの一つだ。撮影に向けて神山は「できることを精一杯やって、スパイスの一つになれたら」としている。

 成田、神山のほか、名バイプレーヤーの滝藤賢一、映画監督&俳優の奥田瑛二の出演も決定。滝藤はDOH倒産をめぐって次々と襲いかかる波乱の展開の鍵をにぎる経理部長に、奥田はかつてゆず子の恩人だったDOH代表取締役にふんする。(編集部・石井百合子)

「大貧乏」は2017年1月8日より毎週日曜夜9時〜9時54分、フジテレビ系にて放送