自転車を押され踏切内で衝突死 被害者の父親「刑が軽すぎる」と批判

ざっくり言うと

  • 2015年、踏切で自転車を後ろから押された少年が電車に衝突死した事件
  • 傷害致死罪などに問われた少年に懲役4〜6年の不定期刑が言い渡された
  • 判決後に会見した被害者の父親は「刑が軽すぎると思う」と批判した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング