『PARKS パークス』 (C) 2017本田プロモーションBAUS

写真拡大

2017年に開園100周年を迎える井の頭恩賜公園と吉祥寺の街を舞台にした『PARKS パークス』。この映画の主演を橋本愛がつとめ、永野芽郁と染谷将太が共演。エンディングテーマを「相対性理論」が担当することが発表された。

橋本愛、宮崎あおいに「ずっと尊敬しています」

橋本が演じるのは、吉祥寺で一人暮らしをする大学生の主人公・純役。純の前に突然現れた・ハル役に『俺物語!!』でブレイクし、来年には初主演映画『ひるなかの流星』など話題作の公開が控える永野芽郁。純と一緒にバンドを組む青年・トキオ役を染谷将太がつとめる。

そしてエンディングテーマは、唯一無二の世界観で注目を集め続ける相対性理論の「弁天様はスピリチュア」に決定。相対性理論の最新作「天声ジングル」に収録されているこの曲は、2014年に閉館した吉祥寺のミニシアター・バウスシアターの解体直前に館内で行われたセッションをもとに作られ、メガホンをとる瀬田なつき監督が映画製作スタート時から聞いていた楽曲。この曲は現在実際に吉祥寺・井の頭公園で定期放送としても流れている。

本作は、吉祥寺に住む大学生・純(橋本愛)のところに、亡くなった父の昔の恋人・佐知子(石橋静河)を探す高校生のハル(永野芽郁)がやってくるところからスタート。ハルと一緒に佐知子を探すことになった純は佐知子の孫・トキオ(染谷将太)と出会い、既に亡くなっていた佐知子の遺品からオープンリールテープを見つける。そこにはハルの父・晋平(森岡龍)と佐知子の歌声が録音されていた。途中で途切れてしまったその曲を、純、ハル、トキオの3人は完成させようと試みる。佐知子たちの生きた1960年代と、純たちが生きる2017年の吉祥寺。公園、街を通して2つの時代の音や物語が重なり合い、新しい歌が生まれるという青春音楽ストーリー。

『PARKS パークス』は2017年4月22日よりテアトル新宿にて公開となる。