写真提供:マイナビニュース

写真拡大

歌舞伎俳優の中村橋之助改め八代目中村芝翫、国生改め四代目中村橋之助、宗生改め三代目中村福之助、宜生改め四代目中村歌之助の親子4人が8日、大阪市此花区のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)で行われた「襲名披露リ・ボーン・パレード」に参加した。

USJの15周年記念パレード「ユニバーサル・RE-BOOOOOOOORN(リ・ボーン)・パレード」のスペシャルバージョンとして行われた同イベント。4人はユニバーサル・グローブを掲げた先頭のフロートに乗って登場し、パークのゲストに向かって手を振ると次々と歓声が上がった。

中村芝翫は「パレードに乗車して涙がこぼれそう」と感激。「USJのようにわれわれの歌舞伎も日本から世界に届けたい。日本の伝統芸能である"歌舞伎"、世界最高のエンターテインメントを提供し続けてきたユニバーサル・スタジオ・ジャパン、ともにこれからも素晴らしいエンターテインメントを日本から世界へ発信していきましょう」と抱負を述べた。

中村橋之助は「パレードは沿道でリ・ボーンして楽しいし、フロートに乗って参加するのもリ・ボーンできる。毎回来るたびに毎回新しい発見があり、趣向があり、一エンターテイナーとして芝居のヒントになる」とコメント。メイン・ストリートでは、中村芝翫の妻で三兄弟の母である三田寛子がパレードを見守り、「今日は一ギャラリーとして参加したけど、ゲストと一緒に心が一つとなってお祝いできたことが本当にありがたいです」と語った。

その後、中村芝翫一家は、「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」にて、今年新たに登場した「ワンド・マジック」を体験。家族全員で「ロコモーター」と呪文を唱えて杖を振ると、「魔法のクリスマス・ツリー」のオーナメントが次々と踊りだし、魔法界ならではのクリスマスを楽しんだ。