クリスマスまでまだ間に合う!今すぐ彼氏が欲しいならすべきこと・4つ

写真拡大



こんにちは、コラムニストの愛子です!

クリスマスまで残すところあと少し。今年こそはカレと一緒に過ごしたいと思っている方も多いのではないでしょうか。でもそんなすぐにカレシなんてできないし……。そう思っているあなた、まだ諦めるのは早いかもしれません!

今回は、カレシが欲しいと思い立ってから、1ヶ月以内にカレシができた経験を持つ女性たちに、どんなことをしたのかを聞いてきました!

■1.人からの誘いには乗ってみた

「前から誘ってくれている男性がいたんだけど、気乗りしなくてずっと断っていたの。でもどうしてもカレシが欲しくなって、試しにデートしてみたんだよね。そしたら案外すごく気が合って、その日のうちに付き合うことになったよ」 (28歳/事務)

どうしても絶対にナシ……という場合は別ですが、最初は何とも思っていない相手でも、誘われたのなら1度くらいデートしてみるのはアリだと思います。彼の知らない一面が見えて、思いのほかトキメクことだってあるのではないでしょうか。もしそんな男性がいるようなら、クリスマス前に食事でもしてみましょう。それがステキな恋へとつながり、甘いクリスマスを過ごすことができるかもしれませんよ!

■2.イベントにたくさん参加した

「誘われるイベントや飲み会に積極的に参加したよ。そこで新しく出会った人と、また別の飲み会を開いたりもして、とにかく人と出会うチャンスを増やしたら、すぐにカレシができた。そういうところに来るのは遊び目的の男の人も多いけど、自分さえしっかりしていればちゃんとホンモノの出会いも見つけられるよ」(26歳/飲食関係)

出会いを増やせばそれだけステキな人に巡り合うチャンスも多くなります。あなたが真剣な恋を望んでいれば、自然と誠実な男性を引き寄せるのではないでしょうか。しかし出会い目的のイベントや飲み会には、遊び相手を求めて参加している人もたくさんいるので要注意。きちんと出会いたいなら、かたすぎも、軽すぎもNGです。自分をちゃんと持ったうえで、出会いを思い切り楽しみましょう!

■3.カレシが欲しいと公言した

「会う人みんなにカレシが欲しいって言っていたら、色んな人が男性を紹介したりコンパを開いたりしてくれたの。それで出会った人とすぐ付き合ったよ」(27歳/受付)

恋愛に限らず、願望は人に話すことで叶いやすくなるという説があります。カレシが欲しいと言っておけば、紹介や合コンの話が出たとき、真っ先にあなたを思い出してもらえるでしょう。恥ずかしがらずに、周りの人たちに協力してもらうのが近道かもしれません。ただあまりにもガツガツしていると引かれてしまうこともあるので気を付けて。「今年のクリスマスは、好きな人と過ごしたいのになあ。ひとりは寂しい」などと、可愛らしく言っておきましょう。

■4.男友達と遊ぶようにした

「今まで好きな人でもカレシでもない男の人とふたりで遊ぶことってなかったの。でも男友達とも気軽に遊ぶようにしてみた。そしたらそのうちのひとりから告白されて、私も好きかもって思って、付き合うことになったよ」(25歳/サービス業)

もしかすると男友達の中にも、あなたのことをイイなと思ってくれている人がいるかもしれません。またあなた自身、今まで意識していなかった男友達にキュンとする可能性は十分あります。今まで大勢でしか遊んだことのなかった男友達と、ふたりで飲みに行ってみてはいかがでしょう? もしかすると、思ってもみなかった感情が湧いてくるかもしれません。

■おわりに

考えを柔軟にして、フットワークを軽くすることで出会いが一気に増え、恋につながるようですね。まだそこまで気持ちが盛り上がっていなくても、とりあえずデートしてみるというのもいいみたい。ぜひ試してみてください。(愛子/ライター)

(ハウコレ編集部)