悪の帝王ダース・ベイダーが約11年ぶりにシリーズ登場!/[c]2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

写真拡大

『スター・ウォーズ』シリーズ最新作で、いよいよ公開が12月16日(金)に迫った『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』。悪の帝王ダース・ベイダーが登場することでも話題の本作だが、今回撮影現場で収録された彼の言葉が判明した。

【写真を見る】絶望的なミッションに挑むチーム、ローグ・ワン/[c]2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

帝国軍の司令官、ダース・ベイダーは『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(77)、『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』(80)、『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』(83)において圧倒的な強さと恐ろしさを見せつける、シリーズ屈指の人気キャラクター。

本作でシリーズにカムバックしたダース・ベイダーは、撮影現場で「パワー」というセリフを収録したそうで、そのセリフはもちろん、シリーズを通して彼の声を担当するジェームズ・アール・ジョーンズによるもの。

監督を務めたギャレス・エドワーズは、「ある時ジェームズがたった一言、『パワー』というセリフを口にしたんだ。その時の興奮といったら、僕らはまるで3歳児に戻ってしまったように見えただろうね」と興奮気味に撮影を振り返っている。

反乱軍の極秘チーム、ローグ・ワンが帝国軍の究極兵器デス・スターの設計図を奪うミッションが描かれる本作。ローグ・ワンの希望を打ち砕くようなダース・ベイダーの存在は、物語にどう関わってくるのだろうか?そして「パワー」という、現場を興奮の渦に巻き込んだセリフはいったいどのシーンで披露されるのか?約11年ぶりにスクリーン降臨を果たす悪の帝王に注目だ!【Move Walker】