恋愛オンチになってない? 男性が「ゾワ〜ッ」としちゃう間違った恋愛エピソード3つ

写真拡大

【相談者:20代男性】
先日、体調が悪くて仕事を休んだんですよ……。
そしたら、同僚の女性からバンバン心配メールがきて……しまいには家に来て……。
気にしてくれるのはありがたいんですが、こっちも具合が悪いし、正直迷惑でした。
彼女にされたら嬉しいけど、彼女じゃない女性にされるとゾワッとすることってありますよね?

●A恋人以外の人に家にこられるのはたしかに私も怖いです。

こんにちは!ご質問(?)ありがとうございます。ライターの白鳥です。
おっ、タイムリーな質問ではないですか!

つい先日『彼氏じゃない男性にされてゾワッとしたこと』を記事に書きましたが、その男性版ですね。
ふうむ、「具合が悪いときに看病されて、恋が芽生えた」というのはよく聞く言葉ですが、恋愛感情が全くない女性にされると、たしかにゾワッとしちゃうかも……。

まったく気がない人が家に来るって軽くホラーですもんね。
恋愛ハウツー本を鵜呑みにしていると、逆に男性から嫌われてしまう可能性がある、と……。
メモメモ……。

好感度アップを狙ったのに、逆に男性に引かれてしまっては大変です。
そこで、今回は『彼女じゃない女性にされてゾワッとしたエピソード』を集めてまいりました。
自分が勘違った行動をしていないか……女性の皆さんはチェックしてみてくださいね。

●ちょっとくっつきすぎ!

『「寒いねー」って言いながらくっついてきた女の子……。たしかに寒いけど、いきなりめちゃくちゃ近くに来られて、体をぶつけられて、いやな気持になりました』(20代男性/営業)

人にはパーソナルスペース というものがあるのをご存知ですか?
パーソナルスペースとは、他者が近づいてくることを許せる自分だけの空間のこと。

好きな人が近くに来た場合は、良い意味でドキッとしますが、反対に、何とも思っていない人が近くに来ると不快に感じます。
満員電車に乗ったとき、体を知らない人とくっつけ合わないといけない状況になると、『いやだな〜』って思いますよね?
あの感覚がそうなんです。

「不意打ちで近くに寄れば、相手はドキッとする」と書いている恋愛ハウツー記事もありますが、何にも思っていない人に寄られると、反射的にイヤな気持ちをする 人は多いので気を付けましょう。

●彼女じゃないですよね?

『ラインが来て「何してるの?」と聞かれ「今から飲み会だよ」と答えたら、「飲み過ぎたらだめだぞ〜」って言われました。え、関係ないでしょ。彼女でもないのに、彼女づらされると引くんですけど』(20代男性/事務)

あ!これ、女の子からも聞きました。
“彼氏/彼女でもないのに彼氏/彼女づらをされる” 。
やられたほうはかなりイラッとするみたいですね。

言った方としては「俺の体調を気遣ってくれる彼女。かわいいな」と思ってくれることを期待しているのでしょう。
でも結果的には「付き合ってもないのに、何でそんなこと言われなきゃならないの?」 と思われる場合もあるので注意が必要です。

●要求はハッキリ言って!

『「お腹すいた〜」ってアピールしてくる子、勘弁してください。暗にご飯を誘ってほしいのは分かるんですけど、それならハッキリそう言ってほしい。「お腹がすいた」と言われても、返答しようがないです。あ、ご飯に連れていくつもりはないです。ごめんなさい』(20代男性/学生)

このほかにも、「暗に○○して欲しい」ことは分かっているけど、口に出さない……という状況に男性はゾワッとしちゃうみたいです。

恋の駆け引きをして、相手の言葉を誘い出そうとするのはやめたほうが良い でしょう。
駆け引きをされるとなえる、という男性は意外と多いんです。

----------

以上、男性がゾワッとすることでした。
「え、そんなことが!?」というものばかりだったのではないでしょうか。

ストライクゾーンの女性以外のアピールに嫌悪感を示す男性はかなり多い模様。
まずは、彼にアピールすることよりも、ストライクゾーンに入る努力をした方がよさそうです。

笑顔、清潔な服装、女性らしい態度。
それらを心がけて、彼の目の届くところに控えめにいた方がチャンスが広がりそうですよ!

●ライター/白鳥カヨ(ホラー小説家)