Red Velvet アイリン、番組での態度が議論に…ネット上でバトル勃発

写真拡大 (全2枚)

8日、グループRed Velvetのアイリンは態度について非難された。アイリンは先日7日に韓国で放送されたMBC「ラジオスター」で1世代アイドルの先輩元H.O.T.のムン・ヒジュンとトニー・アン、女優ソ・ジへ、声優兼タレントのソ・ユリと共に「ヘビーメンタル特集」のゲストで出演した。

この日MCキム・グラはアイリンに「無気力だ」とストレートに投げかけた。先に話し出すこともなく、質問にも短く答えるアイリンの態度にそのように吐露した。MCは「収録中リアクションして、今やっと口を開いた」、「アイリンの声が聞きたい」と話しアイリンの話を引き出そうと努めた。

はっきり答えたのは、KBS 2TV「ミュージックバンク」のMCで息を合わせた俳優パク・ボゴムについて口を開いた時だ。巷で2人の熱愛説が浮上したことを知らなかったという彼女は、パク・ボゴムの美談を聞かせてほしいというリクエストに「よく食べる」と話し笑いを誘った。敏感になり得る熱愛説に対し、適切に対処した。

しかしその他の場面でアイリンは積極的に話す様子ではなかった。「先に乗り出て話す方じゃない」と説明した彼女は、特技はあるかという質問に躊躇もなく「ない」と答えた。若い世代の好みの食べ物の質問にも「私も(大人の皆さんと) 大して変わらない」と述べた。

同じ所属事務所(SM) の先輩歌手のキュヒョンは「Red Velvetのデビュー以降、アイリンがこんなにたくさん話すのを初めて見た」とアイリンが普段も口数が少ないほうだと説明した。

しかし放送が終わった後、各種オンラインコミュニティを中心に視聴者の間でバトルが起こった。「トークをまともにやらないならなぜトークショーに出てきたんだ」という意見と「非難されるほど不誠実でもない。消極的な性格だと説明したじゃないか」という意見が衝突している。

「ラジオスター」でアイリンの魅力がすべて出せなかったとは言える。

現在アイリンはOn Styleの洗濯トークショー「ランドリーデー」のMCとして活躍している。この番組でもトークを主導する方ではないが、その代わり自身の趣味である洗濯に関するノウハウを共有するのに積極的である。

この他、MBC every1「週刊アイドル」では、Red Velvetの年長で母親のキャラクターを作りながら家事を上手にこなす様子、韓国演歌も上手く歌ったり、ぎこちないCG演技(動きに合わせCGを反映させる映像編集技法) も見せ笑いを誘った。

どんなことにも一生懸命臨んできたアイリンであるため、今後アイリンがより自身の魅力を見せてくれる場があることを願う。