“逆輸入俳優”大谷亮平、日本ドラマ「奪い愛、冬」出演が決定!倉科カナと禁断の愛を描く

写真拡大

“逆輸入俳優”大谷亮平が、来年から放送されるテレビ朝日ドラマ「奪い愛、冬」に出演すると8日、産経スポーツが報道した。

報道によると大谷亮平は、平凡なOL倉科カナと彼女の婚約者である三浦翔平を中心に繰り広げられる男女の危険な愛を描いた金曜ドラマ「奪い愛、冬」で、禁断の愛に揺れる既婚男性役を務めた。

映画「バトル・オーシャン/海上決戦」で日韓両国で話題を集めた大谷亮平は、最近本国である日本に“逆輸入”され、ドラマで精力的に活動している。特に彼が出演しているTBC「逃げるは恥だが、役に立つ」は連日最高視聴率を記録している中、大谷亮平が「奪い愛、冬」を通じて、日本で俳優としての立場を固めるチャンスになるかに注目が集まる。

大谷亮平が出演する「奪い愛、冬」は、来年1月20日から毎週金曜日の夜11時15分に放送される。