飲んだ後に食べたい「〆飯」1位はラーメンじゃなかった! 「パフェ」「ステーキ」など驚きのメニューもトップ10入り

写真拡大

年末年始、飲み会が増えるシーズンに突入いたしましたね。飲んだ後の〆(しめ)に選ばれる定番メニューといえば、まず思い出すのはラーメン。けれども、ここ最近はラーメン以外の料理を〆に選ぶ人が増えているようなのです。

「ホットペッパーグルメ外食総研」の「トレンド座談会」が公開した「食べたい〆グルメ」ランキングから、最近の〆飯事情を見てみましょう。

【3位が意外すぎました】

男女2072名に調査を行った「〆飯ランキング」のトップ10は、納得のいくものもあれば「え! それ!?」と驚いてしまうものもあって、とっても興味深いんですよね。とにもかくにも、まずは気になるランキング結果をご覧くださいませ。

1位 お茶漬け(982票)
2位 ラーメン(957票)
3位 パフェ(504票)
4位 うどん(309票)
5位 おにぎり(293票)
6位 寿司(182票)
7位 おでん(165票)
8位 鯛そうめん(113票)
9位 台湾ラーメン(108票)
10位 ステーキ(86票)

1位のお茶漬け、4位のうどん、5位のおにぎりはよくわかる。2位のラーメンも、もちろん言わずもがなです。だけど、だけど……お酒を飲んだあとにパフェを食べるって選択、かなり新しくありません!?

【ジワジワと広がる「〆パフェ」ってほんと?】

資料によれば、北海道では「〆スイーツ」のパフェが好まれていて、夜しか営業していないパフェ店もあるのだとか。けれども、ランキングのトップ3に入るほど人気とは、なんとも意外な気がいたします。

しかしアンケートには「アルコールが入ると甘いものが欲しくなる」という意見もあり、思い返せば私も20代前半、クラブからの朝帰りに、ファミレスでよくパフェを食べていたような記憶があるゾ……。あれも、思えば “〆パフェ” みたいなもんだったのかな!?

【新勢力の「鯛そうめん」&「台湾ラーメン」が健闘】

そのほか、8位に「鯛そうめん」9位に「台湾ラーメン」がランクイン。鯛そうめんは、愛媛や広島など瀬戸内海沿岸でお祝いの際に出される郷土料理とのこと。温かいにゅうめん風に仕立てたものが人気なんですって。

そして、昨今よく見かける台湾ラーメンは、「辛くて酔いが覚める」点がいいという意見が見られました。

【沖縄県の定番〆メニューはステーキ!】

10位のステーキは、気軽に食べられるお店が増えたことからランクイン。ちなみに沖縄では深夜営業しているお店も多く、飲んだあとに食べるメニューのひとつとして定着しているのだそう。

そういえば「沖縄では飲んだあとの深夜や明け方、ガッツリしめたい時にステーキを食べる」とテレビ番組で放送されていたのを見た記憶もあります。想像するに胃がもたれそうで、私にはとても挑戦する勇気はないけども……みなさんパワーがありますねぇ!

【たまには違った〆飯もいいかも】

1位の「お茶漬け」と5位の「おにぎり」は、ここ数年で専門店が増えたこともあり、家でなく外で食べるスタイルが徐々に定着してきているそうです。ラーメンに比べるとお茶漬けやおにぎりは胃に優しそうですし、食べても罪悪感が薄いところが好まれているのかも。この年末年始は、新たな〆飯にトライしてみてはいかがでしょうか?

参照元:プレスリリース
執筆=田端あんじ (c)Pouch

この記事をPouch[ポーチ]で読む