他の参加者と競争することも継続の動機づけに(shutterstock.com)

写真拡大

 運動は<継続>が一番難しい。誰だって、シンドイことをやるのは億劫だ。しかし、カラダは正直だ。コツコツと運動を続ければ、その効果は必ず表れてくる。

 そこで、継続するためのきっかけや動機は重要だ。先頃、<ソーシャルメディア(SNS)は動機づけの強力なツールとなる>という興味を引く報告を目にした。『Preventive Medicine Reports』(12月号)に掲載された、米ペンシルベニア大学コミュニケーション学部・工学応用科学部准教授のDamon Centola氏らの研究だ。

 さらに興味深いのは、<ジムに行く頻度を増やす>という目標を達成したい場合は、SNSでは友人と「励ましあう」よりも「競争する」ほうがよいという点だ。

<競争する>グループのほうが運動の動機づけに

 研究者のCentola氏は、「<励ましあう>グループでは、活動的でないメンバーほど注目されるため、むしろ逆効果となることがある。一方で、<競争する>グループでは、活動的なメンバーが目標を設定する形で関係が決まるため、運動の動機づけに有用である」と、コメントしている。

 Centola氏らの研究では、ランニングやヨガなどの活動を含む11週間の運動プログラムに登録した学生800人を追跡。このプログラムでは終了時に、運動クラスに最も多く出席した学生が賞品をもらえるように設定された。

 被験者は、SNSを介して個人間で競争する群、チーム内でサポートしあう群、チーム間で競争をする群、または競争もサポートもしない対照群の4群に分けられた。

 その結果、個人競争群とチーム競争群の出席率は、対照群よりも90%も高かった。驚くべきことに、チームサポート群の出席率はむしろ対照群よりも低かったという。
SNSでの競争は、薬剤の服用、禁煙、減量、選挙の投票、リサイクルに利用できる!?

 Centola氏らは、「SNSは多く利用するほど効果的だと思われがちだが、今回の研究によるとそうではなく、オンラインの健康維持プログラムによる社会的サポートは逆効果となる可能性が示唆された。ただし、正しく使えば、SNSは人々の健康を劇的に向上させる可能性がある」とコメント。

 さらに、SNSでの競争は、薬剤の服用、禁煙、減量、さらには選挙の投票やリサイクルなどの分野でも利用できるかもしれないと、その可能性に言及している。

 「競争」という点では近年、フィットネスクラブ内に設置されているマシンにもその工夫が取り入れられている。

 たとえば、エアロバイクのなかには、他の参加者のパフォーマンスを見て、自分と比較することができる機能を備えたマシンがある。エアロバイクをこぐ参加者同士が「競争」することで、記録アップや継続に一役買っている。

「やる気」の維持には<4日続けて休まない>

 まもなく年の瀬を迎えるが、一年を振り返り、あなたが心に決めた、運動やスポーツなどの習慣や目標は、どのくらい達成できただろうか?

 この時期は、忘年会、新年会と暴飲暴食の誘惑にかられやすく、運動不足になりがちだ。寒さもあいまって、フィットネスクラブに通うことや、運動習慣もさぼりがちになる。

 気をつけなければいけないのは、せっかく身についた運動習慣が消え去り、再び「やる気」のスイッチを入れなくてはいけない状態に陥ることだ。

 運動は、無理をせず、頑張り過ぎないことが大切だ。過度な運動は、身体だけでなく頭と心も疲れさせる。
 
 これが溜まるとストレスにつながり、気分も憂鬱になって挫折につながる。ただし、次のルールは心にとどめていてほしい。
3日続けてなくてもいいが、4日続けて"休まない"こと。4日続けて休むと、次第に1週間、10日、半月、1カ月......。ここから再び、運動習慣を取り戻すことは苦労を要する。

 <4日続けて休まない>と踏ん張ると、1月、半年、一年......運動習慣が継続する。今年挫折してしまった人は、来年の目標に<4日続けて休まない>を加えてほしい。


村上勇(むらかみ・いさむ)
フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボール選手を引退後、現・スポーツクラブ「ルネサンス」に勤務。2007年から「メディカルフィットネス+スパ ラ・ヴィータ」のゼネラルマネージャーとして施設運営に携わる一方、トレーナーとして主婦や高齢者、アスリート(サッカーチーム・モンテディオ山形、加藤条冶:スピードスケート、黒田吉隆:レーシングドライバー)、著名人(指揮者・飯森範親など)を幅広く指導。現在は株式会社ドリームゲート代表として、スポーツチーム・アスリート・企業などを指導、運営協力に携わる。

連載「健康って何だ?〜フィットネス道の探求〜」バックナンバー