※村主章枝オフィシャルブログより

写真拡大

元プロフィギュアスケーターの村主章枝(35)がブログで、テレビ番組で特集され話題を呼んだ現在の「極貧生活」についてひとこと付け加えている。

村主といえば2002年と2006年に二度オリンピックに出場、いずれも入賞。ただ今月5日には、『あの天才のその後…今を追跡してみました』(テレビ東京系)に出演、現在衝撃の生活をしていることを明かした。その生活とは、地方巡業をしながらホテルを点々とするもので、仕事としてならばグラビア撮影やヌード撮影も厭わないという過去の村主のイメージとは大きくかけ離れた姿。振り付け師としての仕事もしているようだが、本人曰く、給料は普通のOLよりも低いそう。

この放送を受け、ファンからは村主を心配する声が多く寄せられたようで、それに対し村主は番組視聴への感謝を述べたうえで、

「極貧生活…みたいになり、心配のメッセージを沢山いただきましたが、
普通に生活はしています笑」

と苦笑い。そして、

「贅沢な暮らしはしていませんが、スケートのお仕事も沢山いただき、
世界中を飛び廻る生活は続いていますが、何よりも大好きなスケートの仕事ができているので満足です。

これからも、元気に、いい作品が出せるよう頑張ります。」

とつづった。