写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東京地下鉄、メトロコマース、トラストバンクは12月14日10時、国内各地域の飲料を取り扱う「ふるさと納税であなたと地域をつなぐ自販機」を東京メトロ有楽町線銀座一丁目駅改札内に設置し、販売を開始する。

都内にいながら国内各地域の飲料を購入することができると同時に、自動販売機本体または飲料に貼られたQRコードまたはICタグをスマートフォン等で読み取ると、飲料を提供する地域のふるさと納税情報を掲載するサイト「ふるさとチョイス」へつながる。

この自動販売機の導入は埼玉県深谷市、岐阜県美濃加茂市に次ぐ全国3例目で、東京都内での設置は初となる。

開始時は14種類の飲料を販売する。取扱商品は、「夢水氣(ゆめみずき)」(北海道七飯町/130円)、「水素水の恵み」(青森県青森市/190円)、「白神山地の水」(青森県西津軽郡鰺ケ沢町/140円)、「深谷市水 100%地下水 ふっか水」(埼玉県深谷市/120円)、「佐渡海洋深層水 中硬水300」(新潟県佐渡市/130円)、「わかさ瓜割の水」(福井県三方上中郡若狭町/150円)、「神秘の水 月のしずく」(和歌山県橋本市/270円)、「天然シリカ水『さひめの泉』」(島根県大田市/120円)、「純天然のアルカリイオン水 金城の華500ml」(島根県浜田市/140円)、「日田天領水 500ml」(大分県日田市/160円)、「一万年の雫」(大分県佐伯市/210円)、「細野の天然水(555mL)」(宮崎県小林市/120円)、「霧島日当山の温泉水500ml」(鹿児島県霧島市/200円)、「こしき海洋深層水 竜宮伝説100」(鹿児島県薩摩川内市/120円)。

※価格は税込