きらびやか〜(左からサンドラ・ブロック、ケイト・ブランシェット、アン・ハサウェイ)
 - Axelle / Bauer-Griffin / Tony Barson / Gregg DeGuire / WireImage / Getty Images

写真拡大

 女性版『オーシャンズ11』こと『オーシャンズ8(原題)/ Ocean's 8』で、テレビドラマ「HOMELAND」のダミアン・ルイスが悪役として出演交渉中だという。EW.comが報じた。

 ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、マット・デイモンといったハリウッドスターがこぞって出演した『オーシャンズ』シリーズの主要キャストを女性に一新した本作。サンドラ・ブロック、ケイト・ブランシェット、ヘレナ・ボナム=カーター、アン・ハサウェイ、リアーナ、ミンディ・カリング、オークワフィーナ、サラ・ポールソンと豪華キャストが集結している。前シリーズからのつながりもあり、サンドラふんする主人公こそ、ジョージが演じていたダニー・オーシャンの妹なのだ。

 そして今回、最終交渉をしているというダミアンは、出演が決まれば、サンドラふんするヒロインの元恋人にして、彼女率いるチームが企てる盗みの標的になる悪役を務めるという。メガホンを取っているのは、『ハンガー・ゲーム』のゲイリー・ロス監督で、2018年6月8日の全米公開を予定している。ダミアンは、『007』シリーズの次期ジェームズ・ボンド候補にも名があがっているなど、注目を浴びている俳優の一人だ。(編集部・石神恵美子)