2014年に結婚したキムとカニエが早くも離婚?/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

11月に精神錯乱でUCLAメディカル・センターに緊急入院し、10日で退院したカニエ・ウェストは現在自宅で療養中。妻キム・カーダシアンは彼の回復を助けていると伝えられているが、彼女は離婚を決意しており、子どもたちの親権を望んでいるとUs Weeklyが報じている。

【写真を見る】2人の子どもを連れて外出するカニエ・ウェストとキム・カーダシアン夫妻/写真:SPLASH/アフロ

キムはカニエが緊急入院するしばらく前から結婚生活に疲れ果てていたと言われており、夫が精神的に回復するまでは彼を支えるつもりだが、ノースとセイントという2人の子どもたちの親権を獲得するために水面下で裁判の準備を始めているという。

カニエは現在、キムや子どもたちと一緒に自宅では暮らしておらず、ロサンゼルスに借りた別の住居で生活していて、病院通いを続けているらしい。

「キムはカニエを心配しているし、彼が治療を受けていることに安心している。だが、彼女はもうかなり前から、身動きが取れなくなっているように感じている」とキムの友人が同誌に証言しており、「彼女は離婚を希望している。彼との結婚生活は続けたくないということだけはハッキリしている」という。

キムは、メンタルヘルスの問題を抱えたカニエが子どもたちに近づくことも許さなかったそうだが、先週行われたセイントの1歳の誕生パーティにはカニエが出席することを許可したそうだ。

キムは10月にパリで強盗にあって以来、悪い夢を見たりしてトラウマに悩まされてきたが、常に様々な面でキムに頼ってきたカニエは、自分を支えてきたキムが精神的に参っていることが耐えられなかったとUs Weeklyは伝えている。キムが外出を控え、カニエのコンサートにも来なくなってから、彼はツアーをキャンセルしていた。【UK在住/MIKAKO】